Topページ | Main Page


ジミーじいさんによれば、オーストラリアの植民地化におけるもっとも重要な不道徳性は、入植者たちが、アボリジニの人々に許可を求めなかったことにある。
「なぜ白人はこう言わなかったんだろう。『やあ、友人たちよ、あなたと私で一緒に暮らしましょう。一緒に暮して、友達どうしだ。同じ食べ物を食べよう。同じテーブルで。一緒に材木を運ぼう。お互いに争うことはやめて・・・』しかし、決してこうではなかったんだ。」(ジミー・マンガヤリ)
『ラディカル・オーラル・ヒストリー』(p.129)

In Old Jimmy's view, the core of the immorality of Australian colonisation is that the Europeans never asked for permission to enter Aboriginal land.
"Why he never say: 'Oh, come on mate, you and me live toegether. You and me living together, mates together.... Mate[s] together. Live together. One Mangari [food]. One table. Cart up wood together. No more fighting one another....' But you never do that." (Jimmy Mangayarri)

::: :: : NEWS UPDATE : :: :::


Friday, July 07, 2017 [ Mailing List ]

>> 2017.7.8.

Dear Mino

Happy Birthday, Mino. I turned 50 in June, and you became 46. Kyle is 16 and Nicole is 12. They are just like how we were at that time.

As we are deep into summer, morning glories and sunflowers are growing in my garden. Do you remember we planted them to observe and record how they grew for summer homework? Nicole brought back grass seeds planted in a water bottle from school. Grass seeds?! Not exciting at all, right? What a heck... I said. Bravo, Japanese education system!

For my 50th birthday, John planned a party for me. My friends whom I have known over 20 years since I landed in this country and their husbands gathered at a nearby restaurant. Kids asked me “So, Mom. A half of your life is over, how do you feel? (chuckle)” I answered “Well, I feel as if I still have another half to go.” As I am fully content how I spent the last 50 years and wonder what else I should do before my time comes to the end, I thought I should read more books.

Kyle reads lots of books fast. He reads the same books again and again. Nicole reads less books but slowly, and she understands each book deeply. Any book that she recommends to me has been always a good book, like “BFG” and “Wonder.” She noticed I am spending more time on reading lately and told me to read “Flowers for Algernon.”

I remember that I was back and forth in an email thread with Irumi (who has been helping me with “Mino business”), we discussed that it was hard to understand the young generation’s behavior, it seems they are lacking of “imagination.” She said “Lack of imagination comes from the fact that they have not read books growing up.” It totally makes sense. You need “imagination” in order to understand and enjoy a story or even an essay. “Flowers for Algernon” was indeed such a book to foster one’s imagination.

I enjoy reading books written for teenager/young adults in English since I can imagine how my children will grow and experience things in this country, which is different from my own experience growing up in Japan. While reading, I find myself being back at that age, feel like living in the story with all the characters. I can’t even knit once I am deep into the story. Many parents complain kids read less once they have their own phone, but I believe they will never forget the fun of reading and it can come back to them when it needs to or when they want it to.

That’s my thoughts on my 50th birthday. How about yours? Oh, I am happy to tell you this; Kyle says he will read “Gurindji Journey” this summer. Let's see what he thinks of your work.

Yuki

>> 2017.7.8.

みいちゃん

誕生日おめでとう。私は6月に50歳になり、あなたは今日46歳。子供達が16歳と12歳ですから、まさにあの頃の私たち家族と同じ感じになってきたのですよ。

夏になり朝顔とひまわりが育っています。夏休みの宿題で、絵日記観察日記を書いたことを覚えてるでしょう。朝顔の芽は形が可愛いし、ひまわりはぐんぐん育ちます。香ちゃんは芝生のタネをペットボトルに入れた土に植えて学校から持ち帰りました。草のタネ?芽が出ても嬉しくもなんともないでしょう。日本の教育はさすがです。

50歳の誕生日にジョンがパーティを企画してくれました。アメリカに上陸してからの20年間の流れの中で親しく付き合って来た友達とご主人30人ほどが、近くのレストランでお祝いに集まってくれました。さて50歳となり、子供たちに「ママ、人生半分過ぎちゃったってどんな気分?」と聞かれ「半分過ぎちゃったっていうか、あとまだ半分あるって感じ」とこたえたのですが、充実した50年間のあと何をしたいか何をし残したかと考えた時、もっと本を読みたいとおもいました。

海ちゃんは読むのが速く量をこなします。同じ本を何度でも読みます。香ちゃんは読むのは遅いし数も少ないけれど、内容を深く理解して読むタイプです。そして、彼女が良いと言った本は確かに「良い本」なのです。私が本を読むようになったことに気づいた彼女が「これを読むといいよ」と薦めてくれたのが「アルジャーノンに花束を」でした。

ちょっと前に、笹倉さんと「最近の人達には想像力がないからおかしな言動をする」という話になり「想像力がなくなったのは本を読んでこなかったからだ」という彼女の言葉でハッと我にかえりました。なるほど。小説でもエッセイでも、書いてあることを理解するにはそして楽しむには想像力が必要です。「アルジャーノンに花束を」はまさにそういう想像力を育む一冊でした。

子供達が読むような英語の小説を読むと、この国で育つ我が子がどんなことを考え、どんな生活を送ることになるのか想像できます。心若返り一冊読み終わるまで編み物が手につかずフラフラとその小説の中をさまよってるような感じです。子供達が携帯を持ち始めると同時に本を読まなくなるとほとんどの親が嘆きますが、読書の楽しさを知った子は大人になってもそれを忘れることはないとおもいます。

そんな毎日を送っています。そうそう、夏休み中に海ちゃんは”Gurindji Journey”を読むそうです。さてさて。

由紀

Saturday, April 22, 2017 [ Message ]

「ラディカル」文庫化が決定しました。

親愛なる皆様

嬉しいご報告です。

「ラディカル」の文庫化が決まりました。岩波現代文庫より年内刊行の予定です。

先日のメールで、ラディカル増刷(第8刷)に向けての、ご協力を御願いしました。おかげさまで、この呼びかけが広がり、岩波書店から文庫化の打診がありました。担当の渕上皓一朗氏は、大学院時代に、友人の方から、この本を強く勧められ、一読して大きな衝撃を受けたそうです。以来、折りに触れて読み返しているとのこと、このような形で、改めて「ラディカル」に関わることになったことをとても喜んでおられます。

「ラディカル」は旅に合う、とよく聞きます。バイブルのように、あちこち持ち歩いている、とよく聞きます。文庫になることで、「ラディカル」の行動範囲が大きく広がり、読者層もさらに多様化することでしょう。

この10数年の間に「ラディカル」を通じて保苅実と出会った人達が、「ラディカル」の第二の旅立ちを生み出し、支えてくださることを、亡き弟と共に、心より幸せに思います。

どうぞ、このメールを大勢の方に転送し、この朗報を共有していただければと思います。ありがとうございました。

保苅由紀

Wednesday, April 05, 2017 [ Message ]

「ラディカル」増刷(第8刷)についてのご協力のお願い。

親愛なる皆様

FacebookとTwitterを通じて、事情を御存知の方もおられるかと思いますが、「ラディカル」増刷(第8刷)に向けて、皆様のご協力を御願いしたく、メールしています。

弟の著書「ラディカル・オーラル・ヒストリー:オーストラリア・アボリジニの歴史実践」の在庫がなくなってしばらくたちます。「バイブル」のように大事にしてくださってる研究者の方の話をよく耳にしますが、アマゾンでも購入できない状態が続いており、中古が倍額で売られている始末です。ウェブサイトを通じて、私のほうに、どこで購入できるのかと問い合わせがあることもしばしばです。

去年の夏、福岡市美術館で「Doing History!歴史する!」という展示が1か月間行われ地元のアーティストがこのテーマで創作しました。このとき、担当の方が「ラディカル」を販売しようと在庫を探し、その時に御茶の水書房に在庫はなくなったと言われ、それを機会に、私のほうから増刷を依頼しました。御存知の通り、担当者の橋本育氏は退職しています。父親の社長は高齢ということで、新しい方が担当者となり、その方と直接交渉して、500部増刷が決まりました。

増刷が確認できないので、11月にメールで問い合わせを入れたのですが、返事はなく、あまりしつこくするのもどうかと思い、放置してあったのです。そして、最近、ミノルの友人だった方が、ミノルの卒論と修士論を閲覧するのに、私の許可が必要だということで連絡があり、そのやり取りの中で、増刷を確認する方法はないかと相談したところ、直接この担当者に問い合わせてくださり、そこで、増刷開始ぎりぎりになって、注文がこないので、中止をかけた、ということらしい、と連絡がきました。

私の方に一切の連絡もなく、増刷を中止したこと、11月に問い合わせしているにも関わらず、返事がないこと等、その不誠実な対応に、不快感を隠せません。担当者にメールをだしても、また無視される不安があったので、御茶の水書房の問い合わせ窓口のほうに、数日前に、改めて抗議のメールを出したのですが、まだ返事はありません。

前置きが長くなりましたが、お願いというのは、購入希望しているものの、本屋等で在庫が見つからず、困っている方(お知り合いでも)から、直接、御茶の水書房(03-5684-0751)あてに問い合わせをいれていただきたいのです。

また、大学関係者の方、関連分野で教鞭をとってる方からも、是非、これから学問の道にすすむ若い研究者達と、この本の出会いが、どんな可能性を引き出せるのか等、先方に説いていただければ、またさらに増刷にむけて、大きな動きと力を生み出せるのではないかと思っています。

御茶の水書房は、ゼミでの輪読とか、シンポジウムのようなイベントに合わせた、まとまった注文がこないから、増刷しなかった、というようなことを言ってるようですが、私にしてみれば、在庫がないから、注文できない状態が続いていると思うわけです。実際、福岡市美術館の「歴史する!」展示会においても、一橋大学で開催された日本オーラルヒストリー学会による「保苅実シンポジウム」においても、在庫がなかったため、「ラディカル」の販売はかないませんでした。ただ、私のような素人が何をいっても、身内がわめいてるだけにしか見えないので、皆様や、お知り合いの中から一人でも多くの方に、直接出版社のほうに、訴えていただけると、説得力があると信じます。

この本は、できるだけ多くの方に読んでもらいたいと、弟は一切印税を放棄して、価格を抑えたといういきさつがあります。その効果あってか、この本は歴史学・文化人類学の研究者を超えて、幅広い層に読まれているのは、皆さん御存知の通りです。先日は、鹿児島で開催された西日本宗教学会で「ギャップ越しのコミュニケーション」という概念が紹介されていたことを知り、驚くと共に、弟の研究が彼の死後13年たっても、色あせず各地で爆発を続けてることに、言葉では表現できないような誇りと喜びを感じました。

お忙しいところ、大変恐縮ですが、御一考いただけると幸いです。大勢の方の協力があることを、弟、保苅実と共に、祈りつつ。

このメールは、どうぞ自由にどこまでも転送なさってくださいませ。

保苅由紀

Sunday, January 29, 2017 [ News ]

Mino's Tree

Mino's tree was planted at the Coombs Courtyard in the ANU campus soon after his passing in 2004, proposed by Prof. Tessa Morris-Suzuki.

memorialtree1.jpeg

Mino tree plaque.JPG

In 2007, Mino's friend sent me a picture of the tree.

Mino tree 2007.JPG

At the year end of 2016, Mr. Yugo Ono who never met Mino in person, visited his son, Rintaro, at the ANU and took a picture and drew a painting.

Mino Tree by Ono Dec 2016.jpeg

Mino Tree by Ono.jpg

I am very touched by Mr. Ono's kindness and I am so moved that many people have been connected with Mino for all these years.

----

ANUで、空に向かってそびえ立つように育っているミノルの樹、です。あんなに小さかった苗が、こんなに大きくなりました。2016年末に、サバティカルでANUにおられる息子さんの小野林太郎氏を訪れた小野有五氏が、写真とスケッチを、送ってくださいました。小野氏の優しい心遣いに深く感謝すると共に、ミノルが亡くなってこれだけの年月がすぎたにもかかわらず、大勢の方がミノルとこのようにつながっていることの不思議をかみしめ、感動しています。

Friday, December 16, 2016 [ Mailing List ]

>> 2016.12.16

Dear everyone -


I am pleased to announce that Minoru Hokari Memorial Scholarship Fund at ANU has reached our goal of AUD$127,000, the balance that can provide $5,000 annual scholarship. Since Mino’s passing in 2004, the fund has grown steadily with your love and support under the good care of the ANU Endowment team. Every year, the selection committee thoroughly reviews each candidate’s work and accomplishment and awards this scholarship. Over the past years, although it was not as much as $5,000, the scholarship has been helping several PhD students who studied various aspects of the indigenous Australians through fieldwork. Everyone - Thank you, thank you, thank you.

This week, I had a chance to meet Kristina Kluger, a new appoint at the ANU, whom I will work with to further promote Mino’s fund. There are many possibilities that can be put together to promote Mino’s work, creating more opportunities for those who work with Indigenous Australians. We are excited to having Prof. Ann McGrath back at ANU soon and I am sure we all will make something happen, with help of Kristina’s expertise and experience in this field.

Although we have reached our goal and I emphasize that you have done your part for Mino, I will continue my fundraising efforts to further stabilize the fund’s performance and its eternity under unforeseen market conditions. You know there are many bogus charities out there. You won’t hear how your donation has been spent. It is often spent for advertising and we even hear a scandal here and there, such as the top management spends donation for their own benefits. When I told my good friend about our accomplishment, she put it this way; “Well, you will still accept my donation, right? If I have money to donate, I would like it to be a part of your brother’s fund. It is for a good cause and I trust that you will make sure of that.” Yes, I will make sure of that. Yes, we will keep accepting donation.

As the fund continues to grow, Mino’s work keeps reaching out to more people. Here are a few things to share.

1. Mino’s Japanese book, “Radical Oral History” is now 8th print (500 copies), reaching Mino’s goal of the total 5,000 copies. Mino gave up the royalties of this book to keep the book price low and we always honor that arrangement.

2. Mino’s English book, “Gurindji Journey” is now “print on demand” status. If you plan an event that can sell this book, please contact the publisher, NewSouth Books, 10 days prior. All the royalties of this book would go straight to Mino’s fund.

3. This year’s Nimara & Japarta: Knit-a-Thon 2017 was held, after we learned that the fund has reached $127,000. We still had a good group of knitters and enjoyed all the completed projects. This year, we followed the moon for a month. I posted a pic of the moon on that day and knitters around the world posted a picture of the moon in their own location. Next year, we will schedule the Knit-A-Thon based on the lunar calendar; full moon to full moon, so that visually we know how many days left to complete a project.

Again, thank you, everyone, for your support all these years. Have a happy holiday season and I will talk to you on Mino’s birthday in July, if not sooner.

Regards,

Yuki Hokari

>> 2016.12.16


親愛なる皆様

最高に嬉しい報告があります。弟、保苅実が2004年に亡くなって以来、皆様の協力と愛情に支えられ、ANUのEndowmentチームのもとで、着実に育ってきた「オーストラリア国立大学・保苅実記念奨学基金」が、ついに目標額の127,000豪ドル(約1100万円)に達しました。この金額により、来年から豪5千ドル(約30万円)の奨学金を授与することができることとなります。毎年、選考委員会が、応募者の研究内容を綿密に検証し、この奨学金に最もふさわしい受賞者を決定しています。これまでの奨学金は5000ドルには足りませんでしたが、それでも何人もの博士課程の学生のフィールドワークを支えてきました。長い間の皆様のご協力に、心よりお礼申し上げます。

目標額を達成した今、私は何をしていけばよいでしょうか。

先日、ANUに新しく就任したKristina Klugerと会う機会をもちました。Prof: Ann McGrathももうすぐイギリスからANUに戻ることになっており、Kristinaのこの分野における経験と実績を借り、様々なイニシアティブとタイアップさせて、ミノルの基金、ひいては彼の業績と人生を、世界に向けて広めていく努力を続けていきたいと思っています。

市場環境はいつ変わるかわかりません。ミノルの基金がより安定し、永遠に5000ドルの(もしくはもっと大きな金額の)奨学金を授与し続けていくことを願い、私はこれからも活動を続けます。数限りないチャリティが存在するものの、得体の知れないチャリティがたくさんあることは事実です。ほとんどの場合、自分がした寄付がほんとうに活かされているのかを確かめるすべはありません。宣伝費に多くのお金を使い、時には組織のトップが私利私欲でチャリティのお金を使い込むといったスキャンダルも耳にします。私が、友人に目標額達成したことを知らせたところ、彼女はこう言いました。「でも、また寄付は受け付けるんだよね?寄付するお金があるなら、私は、貴方の弟さんの基金に寄付したい。だって、私の寄付がとてもいいことのために役に立つことがわかってるし、それに私が信頼してる友人である貴方がしっかり関わってるわけでしょう?」その通りです。これからも寄付は受け付けます。これからも私は基金の将来に深く関わっていきます。

さて、基金が確実に成長し続ける中、ミノルもどんどん出会いを広げています。

1. 「ラディカル・オーラル・ヒストリー」が、第8刷500部印刷となりました。これで、ミノル自身が目指してきた5000部に達しました。ミノル自身が本の価格を抑えるために、印税は放棄し、引き続き、私たち遺族は一切印税を受けとっていません。

2. “Gurindji Journey”は、”Print on demand”の扱いとなりました。イベント等で販売を希望する際には、最低10日前に、直接NewSouth Boooksに注文してください。こちらの印税は、すべて基金に直接送金される仕組みになっています。

3. 今年のNimara & Japarta: Knit-A-Thon 2016は、目標額を達成したことを受け、お祝いムードでの展開となりました。イベント期間が1か月ということで、月の満ち欠けを追い、世界中でニッターが月を眺め、写真をとり見せ合って、ミノルが言っていた「世界のどこからでも同じ月をみている」という事実を楽しみました。これが、あまりに好評だったので、来年のKnit-A-Thonは、満月から新月そして、また満月という1か月に合わせてスケジュールし、月の満ち欠けを見ながら、編み、締め切りに間に合わせようという話になりました。

改めて、皆さん、長い間のご協力をどうもありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。また、来年のミノルの46歳の誕生日に、お便りします。

保苅由紀


Sunday, August 21, 2016 [ Speech ]

>> 50th Freedom Day Festival - The Gurindji Wave Hill Walk Off

This is my message to the Gurindji community at the 50th Freedom Day Festival. Artist, Brenda Croft, kindly read this message at the venue.

-----

Hello, everyone, I am Yuki Hokari, Mino’s sister — Japarta’s sister, Nimarra.

Congratulations to you all on the 50th anniversary of the Gurindji Walk-Off. Twelve years after Mino’s passing, I know for certain that he is there with you today.

I wonder if you know that in 1996 Mino had sent letters to 10 different communities asking for permission to visit. Seven communities ignored his applications; two rejected them. The only community that approved his request was the Gurindji country. Old Jimmy told Mino: “Country brought you here.”

Mino knew that it was his mission to tell the world about the Gurindji stories and teachings. He wrote in his book:

In Canberra, Greg Dening once advised me not to write a thesis for three examiners, but to write a book to change the world. This may be what the Gurindji elders expect me to do. All I know is that the Gurindji people spent a lot of time with me — and this is not because they were dedicated to my academic career. They perceived me to be a person who could bring their stories to a wider audience.

Only a few days before his passing in 2003, he finished writing the Japanese version of the book. It was published in 2004, followed by the English version in 2011. We also paired the pictures that Mino took in the Gurindji country with excerpts from his book for a photography exhibition, which has been shown four venues in Japan, with plans for more.

I am always thinking about how to reach out to more people around the world on behalf of Mino and you all, and I believe that any profit from Mino’s work should be returned to Indigenous Australians. Central to that effort is the Minoru Hokari Memorial Scholarship fund at the Australian National University, which supports young scholars studying Indigenous Australians and their culture through fieldwork. I am happy to report that we are very close to reaching the target balance that will enable the fund to provide a $5,000 scholarship every year in perpetuity.

Mino’s fund is very special in that it is supported by many donations, big and small, from all over the world.

As part of my fundraising efforts for the fund, I also create knitting designs under the private label “Nimara & Japarta.” Knitters all over the world gather at one website called Ravelry and come across my designs, learn about Mino and his work with the Gurindji community, and donate to the scholarship fund by purchasing the designs. Thus each of my knitting designs carries the stories of Mino and the Gurindji people.

On Mino’s behalf, I will do everything I can to disseminate his work — what he learned from you — and reach as many people as possible and for as long as possible. That’s what Mino and I can do to return the favor of your accepting Mino into your country.

Congratulations again, and thank you so much for allocating time for Mino during this important event.


保苅実とつながる会

Follow hokari_minoru on Twitter

連絡先|Contact
Being Connected with HOKARI MINORU

HOKARI MINORU
1971.7.8-2004.5.10


Go to:

archives

Yuki's Profile

***Warning***

Aboriginal and Torres Strait Islanders are advised that this website contains some images of Aboriginal people now deceased.




Designed, created and managed by Yuki Hokari, with lots of love.

* このブログをMLで受信したい方は
ご一報ください。
* Please let me know if you'd like to receive the update via email.

© Yuki Hokari S.
All rights reserved.