Minoru Hokari - chemo is over » | Top | message from Minoru Hokari »



happy new year from mino hokari [ Message ]

Happy New Year Everyone!

I am glad and proud to tell you that I managed to survive through 2003, and am still alive and fine in 2004! I sincerely thank all of you for your generous support, love, prayer and encouragement, which meant a lot, a lot, a lot to me.

As you may heard from yuki, the last cycle of chemotherapy was over. I am still in danger of infection, but my everyday life is quite peaceful - reading books, listening to the music, meditating, eating and sleeping. My next challenge will be going to a cinema or reading a book at a cafe. My body weight, which at one stage I lost about 10kg, is now nearly back to normal. I plan to visit Japan in March, and (finally!) come back to Canberra in April.

It is true that I have to live with a risk of a relapse of cancer for next few years. But so what?! As I have always been so, I will do only what I want to do - a few books I want to publish, a few places I want to visit, etc. It is also true that I learnt so much from this sickness. I believe it is my new 'task' to make the best of this experience. It would be wonderful if we share and learn more from each other's life experiences.

Wish all of you and the world a better year!

Mino

===================The following part is written in Japanese.===================

あけましておめでとうございます。
昨年は本当に皆様のご支援に支えられて、この新しい年を生きて迎えることができました。心から御礼申し上げます。

化学療法は最後のサイクルが順調に進んでいます。まだ血液検査は続いていますし、感染症の危険から完全に脱したわけではありませんが、全体としては体力回復のための養生が始まったという感じです。読書や音楽鑑賞は毎日のようにできていますので、決して退屈した日々ではありません(最近は三島由紀夫とフランク・ハーバート、そしてグレン・グールドとチャールズ・ミンガスに凝ってます)。が、映画を見たり喫茶店で本を読んだりするまでにはもうしばらくかかりそうです。一時は10kgも落ちた体重もずいぶん回復してきました。3月には日本に帰国したいと考えていますが、これは体力の回復しだいです。

これから数年は再発の可能性と隣り合わせの生活となりますが、「それがどうした?!」とでも言うしかないですね。本の執筆をはじめ、やりたいことを少しずつはじめてゆきたいと思っています。病から本当に多くのことを学びました。それが今後の人生でどのように生かせるかが、大きな課題であるように感じています。今年もまた、皆さんと学びあえる関係でいれたらどんなにすばらしいかと思います。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

2004年が、われわれ全員と世界にとってよい年でありますように。

保苅実