>> 2006.06.26 » | Top | >> 2006.08.07 »



::: Minoru Hokari Memorial Scholarship Inaugural Award Ceremony (Australian National University, Canberra) ::: [ Speech ]

I am Yuki Hokari, the older sister of Minoru Hokari. Thank you very much for giving me the opportunity to address you today in this wonderful occasion.

It has been 2 years since my dearest brother, Minoru, left us. I spend every day chasing my two children and I am so occupied to work on his memorial website or do something related to him or his work that I almost forget he is not here with me any more. Then, all of the sudden, the reality of this huge loss strikes me.

Since he always had hoped to get better, he refused to say good bye to anyone. Many people could not see him while he was sick and still have some regrets for not having done enough for him. To keep his memory alive and keep his work moving forward with young scholars, this scholarship fund was established. For those who know Mino, this fund is all about being connected with him.

The network connected to Mino is getting bigger and bigger, through his work, the website and this scholarship. His Japanese book "Radical Oral History" has been selling really well and the fifth batch of copies have printed recently, which adds up to 3500 copies in total. In Japan, we had a conference this past April, discussing Mino's work and more than 100 people gathered from various areas of study.

I assume most of you know my brother in person and you probably see some resemblance with me. I always felt that we were so different, but his friends told me that two of us are the two sides of one coin. We are quite different in personality, but I guess we have the same roots. It is funny that my parents originally thought I would be a scholar and Mino would be a successful businessman, but it turns out to be a complete opposite. And while Mino had such a fulfilled life, I never enjoyed working in Wall Street.

Over the last two years, there has been so many people involved in fundraising activities. In the beginning, donations and help came from those who were close to Mino. Then, those who know Mino indirectly came in. Now, those who never met Mino are joining the activities.

Probably with my wall street nature, I am always thinking about how to raise money for this fund. When I heard about a partial disposal of Mino's two translations from the publisher, I wanted to save as many copies as possible. After all that's my brother's work.

In order to work on this problem, I had to overcome three main obstacles; business, academics and emotions. As I went through the process, I thought about how my bother would have dealt with this situation. He was so good at helping many people work together in overcoming obstacles. It came natural to him.

For example, in Japan, the disposal of books is often unavoidable due to high inventory costs. Although the editor who knows Mino personally tried his best to save all the copies, he could only do so much against business decision of the company. Often the author can buy the books at a discount. Interestingly, the discount does not change even for the books that are going to be disposed. However, the editor gave me a much deeper discount so that I could make some profit to donate the scholarship fund. This was done because he was compassionate about Mino's work and his untimely death.

When I tried to understand about this disposal process, I consulted some academics. They felt bad about the situation, but told me that it was common practice for academic books. Despite some discouragements and warnings, such as "Academics don't write books for money," I wanted to give it a shot. I would not accept it.

So, I sent out e-mail to ask for help, suggesting I would donate ANU's memorial scholarship fund from the sale. The reaction to my call was amazing. My mail was forwarded to so many different people and some forwarded it to a mailing list, some offered to write on their blogs, and I received several orders every day for a few months. As a result, I sold roughly 150 copies each, which were more than 100 orders in total. Even the editor who sold me the books at a substantial discount was amazed with the result and questioned their own ability to publicize books.

My father packed the books to mail out every day. Payment came in as they received the books. We raised about A$1500 from the sale. With my husband's employer's matching gift program, I also doubled the donation.

There are good hearts everywhere. People feel attached to what Mino accomplished and what he would have done. All we need to do is to create the outlet for those good hearts and feelings to come out. Money will come eventually.

Mino always found a way to make very different people work together for a greater good. Maybe that is the lifelong assignment Mino left me. I feel working on raising money for his memorial scholarship is a part of this assignment. The website and this fund make me keep going. I feel like I finally found my "career" and I enjoy it.

This scholarship fund is a core of our passion for Mino. I truly feel his life did not end two years ago. I appreciate Prof. Ann McGrath's idea and efforts to establish this fund, the endowment office hardwork to keep it organized, and everyone's involvement for fundraising. We are all connected to Mino. We are all excited to see the Minoru Hokari Scholars and to see Mino's dream move forward.

I am nearly the end of my speech, so I would like to share some of my dearest brother Mino's wisdom with you. When I face difficulties in various types of relationships such as my family, my friends and in-laws, I always remember my brother's advice. "First, you have to change yourself. You have to change things on your side, then see if others will do the same. If she sees you changed, then what would she do? If she changes for the better, that's great. If she still does not change, oh well, but you have done things on your side, so now you can decide if you should let it go or if you keep working on the relationship." I am telling you that it works really well every time I follow this advice.

On behalf of my parents and my dearest brother, I want to say Thank you very much again to Prof. Ann McGrath and all the members in Endowment office to make this happen. It is very exciting to see our first Minoru Hokari scholar here today and thank you very much for attending this wonderful event today.


Yuki Hokari
July 5, 2006
Minoru Hokari Memorial Scholarship Inaugural Award Ceremony (Australian National University, Canberra)

===================The following part is written in Japanese.===================

保苅実の姉の由紀と申します。このたびは、この素晴らしい機会にお話するお時間をいただき、ありがとうございます。

最愛の弟、実が亡くなってからもう2年になりました。毎日、二人の子供達を追い掛け回し、弟のために立ち上げたメモリアル・ウェブサイトや彼の人生や仕事に関係した何かに関わっていると、彼がもうこの世にいないという事実を忘れそうになります。そして、ある瞬間に突然すさまじい喪失感に襲われます。

弟は最後の最後まで病気が良くなると信じていたので、誰に対しても「お別れ」を言いませんでした。多くの方が闘病中に彼を見舞うことができず、彼が亡くなった今も、十分なことをしてやれなかったと悔やんでいます。弟の思い出を鮮やかなまま大切にし、若い研究者に彼の仕事を受け継いでもらうために、この奨学基金は設立されました。弟を直接知っている方とって、この基金は保苅実と繋がり続けるという意味をもっています。

保苅実をとりまくネットワークは、彼の業績、ウェブサイト、そしてこの基金を通じて、どんどん広がっています。彼の遺した日本語の本「ラディカル・オーラル・ヒストリー」は順調に販売を続け、このたび第5刷が印刷され、合計で3500部となりました。また、日本では、この4月に保苅実の研究について討論するコンファレンスが開催され、幅広い学術分野から100名以上が出席しました。

おそらく、ここにおられる方の多くは弟を直接ご存知でしょうから、きっと私に弟の面影をみておられるだろうと思います。私と彼は全く違うタイプだと思ってきましたが、彼の友人が私達は一枚のコインの両面だと言ってくれました。性格は違うものの、元のルーツは同じだということなのでしょう。面白いことに、私の両親は当初私が研究者になり、実はビジネスマンとして成功すると思っていました。が、結果はご覧の通り全くの正反対でした。そして、弟が充実した人生を送ったのに対し、私自身はウォール街での仕事を心から楽しんだことはありません。

この2年間、この奨学基金への寄付集めに本当に大勢の方が協力してくださいました。最初、寄付や作業への協力の申し出は、弟を直接知る友達の皆さんからでした。次に、弟を間接的に知る方たちが加わり、今では生前の弟を知らない方が協力してくださっています。

おそらく、ウォール街で勤務した経験からなのでしょうが、私は常にどうやってこの基金への寄付を集めようかということを考えています。弟が日本語に訳した二冊の本が一部断裁になると出版社から知らされた時、私はできるだけ多くの部数をこの断裁から救いたいと思いました。結局のところ、処分されてしまうのは弟が遺した作品です。

この断裁からの救済という状況で、私は三つの問題を乗り越えなければなりませんでした。ビジネス、研究者、そして保苅実への想い、です。断裁のプロセスに関わりながら、私は弟だったらどう対応するかと考えました。彼は問題を乗り越えて多くの人たちを一つの目的に向かわせ協力させることが上手でした。ほんとうにそれをごく自然にやりのけたのです。

例えば、日本では在庫にかかるコストが高いため、断裁はよくあることです。弟を個人的に知っている編集者がなんとかして断裁対象となったすべての冊数を救済しようとしても、会社の決定に彼一人ができることは限られていました。通常、著者は自分の本を割引で購入できますが、興味深いことに、この著者割引は断裁対象でも通常の割引率であることが多いのだそうです。が、この編集者がその割引率を調整してくださったおかげで、断裁から救済できた冊数の売り上げから、この奨学基金に寄付することができました。これはこの編集者の方が、弟の仕事と彼の早すぎる死を惜しんでくださった気持ちから実現できたことだといえます。

また、私はこの断裁のプロレスを理解しようとし、何人かの研究者の方に状況を相談しました。皆さん断裁という状況を気の毒に思ってくださったのですが、学術書にはよくあることだと教えてくれました。「研究者はお金のために本を書くわけではありませんから」という言葉や警告にもかかわらず、私は諦めたくありませんでした。やるだけやってみようと思いました。

そこで、私は売り上げからANUの保苅実記念奨学基金に寄付することを明記して、断裁からの救済をEメールで呼びかけました。この呼びかけに対する反響は驚くべきものでした。私のメールは大勢の方に転送され、その中の方が参加しているメーリングリストで紹介し、また何人かの方がご自身のブログで紹介してもいいかとメールをくれました。そして、数ヶ月にわたって、注文のメールが毎日届き続けたのです。その結果、合計で100件以上の注文を受け、二冊の訳書をそれぞれ約150冊ずつ売ることができました。断裁対象の本を売ってくださった編集者の方が驚き、出版社の営業担当の能力を思わず疑ったほどです。

毎日私の父が本を包装し発送しました。支払いは、購入者が本を受け取ってから指定口座に振り込まれました。この売り上げから1500豪ドル(1300米ドル、約14万円)を集めることができ、また、私の夫の勤める会社のマッチング・ギフトという制度を使って、この寄付額を二倍にしました。

保苅実を取り巻く温かい想い、温かい心は今もあちこちに息づいています。多くの人々が保苅実が成し遂げたこと、そして彼が成し遂げたであろうことに、強い共感と想いを寄せています。私達がすべきことは、その想いが形となって現れることができるような出口をつくってあげることなのです。基金への寄付は必ず後からついてきます。

弟は、正しい目的に向かって、様々な立場の異なる人々が共に手を取り合うことのできる方法を常に見つけました。これこそが、彼が私に遺してくれた生涯の課題なのではないかと、この保苅実記念奨学基金への寄付運動がその課題の一つではないかと感じるのです。ウェブサイトとこの基金があってこそ、私は毎日を生きています。やっと楽しめる「キャリア」と出会った思いがします。

この奨学基金は、私達が保苅実に対して抱えている情熱の核です。弟の人生が2年前に終わってしまったとは私は思っていません。この基金の設立を考案してくださったAnn McGrath教授や、この基金を管理してくださっている事務局の皆さん、そして、寄付集めに協力してくださった大勢の方達に、心から御礼を申し上げます。私達は皆、今も保苅実とつながっています。今回、保苅実記念奨学金が一人の研究者に受賞されること、そして、彼の夢がまた一歩前進することを興奮しながら見つめています。

私のスピーチも終わりに近づいていますので、ここで私の最愛の弟から授かった知恵について、皆さんにお話したいと思います。家族や友人や義理の家族などの様々な人間関係の中で、私が困難な状況を迎えた時、必ず彼のアドバイスを思い出します。

「まず、由紀ちゃん自身が変わらなきゃね。由紀ちゃんの側で出来ることをやって、その上で相手が同じように努力するかどうかを見るんだよ。もし由紀ちゃんが変わる努力をしているのに相手が気づいたら、そしたらその人はどうするかなぁ。もし彼女も良い方向に変わろうとしたら、最高だよね。もし彼女が何も変わろうとしなかったら、そしたら仕方ないよ。由紀ちゃんのほうでやるべきことはやったんだからさ、もうあとはその人との関係に見切りをつけるか、引き続き努力してみるか、それは由紀ちゃんが決めればいいんじゃない?」

このアドバイスに従うと、必ず人間関係が好転することは、私が保証します。

両親と最愛の弟に代わって、ここでもう一度、Ann McGrath教授と事務局の皆さんに、この奨学基金を設立してくださったこと、管理してくださっていることに、心より御礼を申し上げます。今日、この場で初めての受賞者を迎えられることは本当に嬉しいことです。皆様、本日お集まりくださり、本当にありがとうございました。


保苅由紀
2006年7月5日 オーストラリア国立大学
保苅実記念奨学金 第一回授与式にて