Top

March 07, 2011 [ Mailing List ]

>> 2011.3.7

親愛なる皆様

北海道立北方民族博物館、立教大学、追手門学院大学と続いた保苅実写真展が、このたび北海道大学でも開催の運びとなりました。

「保苅実写真展 カントリーに呼ばれて―オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」
日時:2011年4月8日(金)~5月8日(日)(10:00~16:00;休館日/月曜日)
入場無料
会場:北海道大学総合博物館 2階展示室(札幌市北区北10条西8丁目)
主催:北海道大学アイヌ・先住民研究センター
共催:北海道大学総合博物館、北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」
協力:保苅実とつながる会,北海道立北方民族博物館,フレメン写真製作所,佐藤守功デザイン事務所
お問い合わせ先:北海道大学アイヌ・先住民研究センター
〒060-0808 札幌市北区北8条西6丁目 Tel&FAX:011-706-2859

展示関連イベント:
座談会「保苅実の歴史学をいかに受けつぐのか?」
窪田幸子(神戸大学教授)、野上元(筑波大学准教授)、谷本晃久(北海道大学准教授)
日時:4月16日(土)13:30~15:30
会場:北大総合博物館1階「知の交流」コーナー
無料・申込不要.2011年度・前期 道民カレッジ連携講座


北海道大学アイヌ・先住民研究センターの山崎幸治さんを中心とし、開催準備を手伝ってくださっているのは、生前の保苅実に会ったことがない方達です。このたびのチラシ・ポスターは、網走での最初の写真展に関わってくださった写真家の露口啓二さんが選んだ二枚の写真を中心に、図録の表紙のデザインをしてくださった佐藤守功さんが手がけてくださいました。「つながり」がこうやって次のプロジェクトの原動力となっていることに感嘆しています。

そして、7回忌となる5月10日に、シドニーのGleebooksにて"Gurindji Journey: A Japanese Historian in the Outback"のブックローンチが決まりました。詳細は、こちらの招待状 をご覧ください。また、その二日後の5月12日に、キャンベラのオーストラリア国立大学/ Co-op Bookstoreでも、ローンチを行います。こちらの詳細は追って発表します。最初の書評はこちらです。

ブックローンチに合わせて、私も5年ぶりに渡豪します。前回の渡豪は、2006年のANUでの保苅実記念奨学金第一回授与式に合わせてのことでした。弟が亡くなってちょうど7年という月日を迎えるその日を、待ちこがれた彼の本の出版とともに過ごすことができることを心より嬉しく思います。

オーストラリアに在住の皆様。図録の購入をご希望の方がおられましたら、4月20日までにこのメールにご返信ください。送料なしの価格(2900円もしくは豪ドルA$35)で注文をお受けし、私から直接ご注文部数をお渡しします。

1.ブックローンチにおいでの方は、会場でお渡ししますが、5月1日までにペイパル(info@hokariminoru.org)を通じて、日本円2900円での支払いをすませてください。会場での金銭のやりとりはできません。

2.私の滞在中(シドニーは、5/10 - 5/11、キャンベラは5/12のみ)に、直接お会いできるようであれば、豪ドルA$35を現金でお支払いください。どなたかが注文をまとめてくださっても構いませんし、個人ベースでも問題ありません。お時間があれば、お茶でもランチでもディナーでもご一緒して、弟の思い出話ができれば幸いです。

繰り返しになりますが、図録の販売による利益は、フィールドワークを通じてアボリジニの研究をする若い研究者を支えるANU保苅実記念奨学基金に、すべて寄付します。どうかこの機会に、ご協力いただければと思います。ご連絡をお待ちしております。

尚、写真展開催、ブックローンチ開催に向けて、Twitter@hokari_minoruで小さな情報/思い出を発信していますので、フォローをお願いします。

保苅由紀
保苅実とつながる会

>> 2011.3.7

Dear Everyone

I am coming to Australia in May to attend a book launch of "Gurindji Journey: A Japanese Historian in the Outback" (UNSW Press)!! We have booked one in Sydney, May 10 (Gleebooks) and the other in Canberra, May 12th (ANU Co-op bookstore). As many of you know, May 10 is our sad anniversary of Mino's passing and it will be exactly 7 years since. However, I am very excited to spend this day at a long-awaited book launch.

Please find the invite for those who will be able to join me at this exciting event in Sydney (An invite for Canberra launch will follow.) as well as the first wonderful review of "Gurindji Journey."

Since I will be in Sydney and Canberra, if any of you would like to purchase the exhibition catalogue, please write to info@hokariminoru.org by April 20. The price is JPY 2900/A$35 (No shipping charge) However, please read the instruction below carefully.

1. IF you come to the book launch and receive a copy of the catalogue from me in person, you have to pay through Paypal (info@hokariminoru.org) in JPY2900, before May 1st. No money exchange will be allowed at the book launch.

2. IF you can meet me in Sydney or Canberra during my stay (May 9 through May 11 in Sydney and May 12 in the afternoon in Canberra), you can pay me A$35 in cash. I am more than happy to meet you for either coffee, lunch or dinner, and share our memories of Mino.

The catalogue includes many pictures which are not in his book, his series of essays "The Living Earth: The World of the Aborigines" which was first published in a Japanese newspaper in 2003, then in "Conversations" (Summer 2006) in English, and a few essays from those who were involved in the first Exhibition in Japan. All the text are bilingual; Japanese and English.

Again, this catalogue sale is to fundraise the Minoru Hokari Memorial Scholarship Fund at ANU, to support the young researcher in the field of Indigenous Australians. Please consider to be a part of it.

Of course, you will have to read "Gurindji Journey" as well. Mino will be back with us and talk to us with passion. His voice is so vivid and clear. I cannot wait for you to hold this book in your hand.


I am also pleased to announce that another photography exhibition "The Call of the Living Earth: Photographs of Indigenous Australians by Minoru Hokari" will be held at Hokkaido University in Sapporo, Japan, from April 8 to May 8. People who are involved with its planning and preparation have never met Mino in person. A poster/flyer was designed by Morikatsu Sato, who also designed the cover of the catalogue. The connection to Mino is still spreading.

I look forward to hearing from you and don't forget to follow me & Mino in Twitter @hokari_minoru

Yuki Hokari
Being Connected with HOKARI MINORU

November 01, 2010 [ Mailing List ]

>> 2010.11.1

Dear Everyone -

The second biggest (after Christmas) event in the US, Halloween was over! Now, we are heading to Thanksgiving in late this month and Christmas in December, then we will see 2011 coming before we know it. I have a few news again this time.


1. I am pleased to announce that the Mino's photography exhibition will be held in Osaka, Japan from 2010.11.20 till 2010.12.3. It will be at Otemon Gakuin University where the Australia Library was opened with a collection of 15,000 references donated by the Australia-Japan Foundation in 2007. Mino often visited the original location of the collection at the Australia-Japan Foundation. Also, the Center for Australian Studies at this university serves as the only permanent institution in Japan solely dedicated to Australian studies. The purpose of the Center is to promote research on Australia and its neighboring countries and to contribute to cultural exchange and mutual understanding between Australia and Japan.


2. Ms Pamela McGrath, the 2008 ANU's Minoru Hokari Memorial Scholarship winner just submitted her PhD thesis on Friday. Its title is "Hard Looking: a historical ethnography of photographic encounters with Aboriginal families in the Ngaanyatjarra Lands, Western Australia"

Pamela wrote to Prof. Ann McGrath.."Thanks again to you and your team and the Hokari family for supporting my research in its early stages – it made all the difference."

I am so grateful to hear this news and share this with all of you who support the fund in various ways. Thank you very much.


3. Mino's photography catalogues have been selling well. We have now 120 copies left. I also appreciate your comment on the catalogue once you receive it. I will post it on the website to share. Please refer this page about how to order a copy.

I again want to let you know that all the profit from the sale will be donated to the ANU Minoru Hokari Memorial Scholarship Fund. I will not make any money for myself or the newly created organization "Being Connected with HOKARI MINORU" that would handle Mino-related activities and events.

We believe that any form of Mino's work should be returned to the Gurindji and the Australian Aborigines. Please support the fund by purchasing this catalogue, which includes the beautiful pictures that Mino took while he stayed with the Gurindji people as well as Mino's writings from his 2004 Japanese book, "Radical Oral History" as well as his series of essay that was published in 2003.

We have sent one copy to Daguragu, addressed to one of Mino's main teachers, Billy Bunter.


That's it for now. I do appreciate our connection that Mino created. Thank you all.


Yuki Hokari
Being Connected with HOKARI MINORU

>> 「保苅実写真展」追手門学院大学にて開催決定

親愛なる皆様

アメリカではクリスマスの次に大きなイベントだといわれるHalloweenが終わりました。あとは11月に感謝祭、12月にクリスマスと、あっという間に年の瀬を迎えます。さて、いくつかお知らせがあります。


1.保苅実写真展が、追手門学院大学(大阪府茨木市)でも、開催されることとなりました。詳細は、以下のとおりです。

「保苅実写真展 カントリーに呼ばれて ~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」

期間: 2010年11月20日(土)~12月3日(金)(日曜・祝日は休館)入場無料
午前9時30分~午後5時まで。(最終日は午後4時30分まで)
会場: 追手門学院大学 将軍山会館 
住所 〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1-15 

主催: 追手門学院大学附属図書館
後援: オーストラリア大使館、豪日交流基金、茨木市、茨木市教育委員会
協力: 保苅実とつながる会、北海道立北方民族博物館、追手門学院大学オーストラリア研究所

連絡先電話:追手門学院大学附属図書館 オーストラリア・ライブラリー 072-641-7746 

大学へのアクセス
スクールバス(緑風観光 はとバス)を運行しています。ご利用ください。
JR茨木スクールバスのりば
JR茨木駅下車 マイカル茨木北側
阪急茨木スクールバスのりば
阪急茨木市駅下車 西口ロータリー


2.立教大学で開催された保苅実写真展の展示報告を、舛谷鋭様よりいただきました。

「立教大学池袋キャンパスでの保苅実写真展ですが、おかげさまで昨日を以て無事終了致しました。様々なサポートありがとうございました。この方面では全く素人でしたので、お力添えいただいてもなお拙い面もあったかと思いますが、結局受付での記名者127名、無記名の方々も併せ200名程度の方々が来場されました。雑誌(「風の旅人」)も書籍(「ラディカル」)もそれぞれ10冊以上販売できました。かなりの高齢の方から小学生まで、幅広い来場者がございました。」


3.オーストラリア国立大学・保苅実記念奨学金受賞者のその後

2008年に奨学金を受賞したPamela McGrathさんが、金曜日に無事博士論文を提出したそうです。受賞当時にお知らせした内容は、以下のとおり。

「ANU奨学金の2008年の受賞者は、ANUの博士課程二年目のPamela McGrathさんに決まりました。プロジェクトの内容は、1950年代の西部オーストラリアのNgaanyatjarraの人々を撮影した映画を、re-documentationするというものです。その独創性と、歴史・文化人類学・映画を橋渡しするクロスカルチュラルな取り組みが評価されました。」

提出された博士論文のタイトルは

"Hard Looking: a historical ethnography of photographic encounters with Aboriginal families in the Ngaanyatjarra Lands, Western Australia"

リサーチの初期段階で、この奨学金を受けられたことが、大きな助けになり、大変感謝しています、というメールを、Prof. Ann McGrath経由でいただきました。基金への寄付にご協力いただいた皆様と、このお知らせを共有できることを大変幸せに思います。


4.図録販売、その後

現在の残部は、愛蔵版が8冊、通常版が120冊です。既に購入されてお受け取りになられた方の感想を、こちらで紹介しています。

繰り返しますが、図録販売による利益はすべてオーストラリア国立大学・保苅実記念奨学基金に寄付します。保苅実の研究は、さまざまな形でグリンジの人々をはじめとするアボリジニの人々に返還すべきものと考えています。

先日、ダグラグにいる、保苅実の恩師の一人であるBilly Bunter宛てに一部送りましたこと、ここに報告します。


改めて、皆様との出会いに感謝し、お礼申し上げます。


保苅実とつながる会
保苅由紀

October 08, 2010 [ 2010 Catalogues ]

>> Catalogue Sale!

Dear Everyone

I proudly announce here that the Mino’s photography exhibition catalogues are now ready for sale.

normal_s.jpg

“Country brought you here.”

The life of Minoru Hokari, historian and author of Radical Oral History: Historical Practice of Indigenous Australians, was tragically cut short at the age of 32.

Yet his expansive vision endures in his intimate and vivid photographs of Australia’s Gurindji country and its vast terrains of reddish earth. A selection of these photographs, first exhibited in April 2010 at the Hokkaido Museum of Northern Peoples, are now available in this bilingual edition exhibition catalogue, accompanied by serial essays
published in 2003 and excerpts from his 2004 book published in Japan.

* * * * *

“The Call of the Living Earth: Photographs of Indigenous Australians
by Minoru Hokari”
Size A5
88 pages total including 32 color pages
All the texts are both in English and Japanese
JPY 2,700 + S/H**

** International shipping/handling fee is JPY 700 for one copy and JPY900 for two copies. We will get back to you if your order more than 2 copies.


While you pay for the shipping/handling, we will send you Conference CD “Locations of Spirituality” that Mino convened in 2002 (Price: JPY1000: Please see the CD details ) for free of charge. If you would like to receive Japanese translation of the Mino’s article in this CD, please indicate it in the order by e-mail.

If you wish to purchase a copy, please ie-mail with the following information.

1. How many copies you wish to purchase
2. Your full name
3. Full shipping address (Including zip code and country)
4. Phone number (Including Country Code)
5. E-mail address
6. Preferred payment method (Please indicate either Paypal payment in JPY or Money order/Check in US$ to mail to a USA postal address)

* We strongly suggest that you pay through Paypal. If you have a paypal account, please let us know the associated e-mail address. We will send you a bill.

* If you prefer paying in US$, please be aware that the amount is subject to change due to FX rate at the time of the payment.

* * * * *


All the profits will be donated to Minoru Hokari Memorial Scholarship Fund at the Australian National University. The fund balance is now AUD$64,168 and it requires another AUD$50,000 to secure the perpetuity of annual AUD$5,000 scholarship. (This year, the award was only AUD$2500).

"Life is not about how long you live, but about how deeply you live," my brother used to say, and he left this world believing that he had lived a rich, full life. I think of this scholarship fund as a way in which we can add many more years to his full but short life of almost 33 years. I sincerely hope that you will support this fund by purchasing this catalogue.

Regards,

Yuki Hokari

October 06, 2010 [ 2010 Catalogues ]

>> 愛蔵版・通常版ともお届け中

図録の注文方法はこちらです。愛蔵版・通常版共に、まだ在庫あります。


>>> Y.S.さん(東京在住)

「カントリーに呼ばれて」、ようやくゆっくり目を通すことが出来ました。本当に素敵な御本になっていますね。写真と文章の構成もとても良い感じです。読んでいると何だか心が穏やかになります。御本の中でワタシは「正しい道」の話が一番気に入りました。大地と結びついているんだなあと改めて感じるお話でした。

たまたまなのですが、アボリジニアートに惹かれてスキンネームを貰うほどとある部落の人と深い交流をしている日本人女性の話とか、アボリジニの家族の食生活を書いた記事とか、なぜかこのところアボリジニにまつわる話を見聞きする機会が多いのです。もしかしてワタシも呼ばれているのかしら(笑)。

作成作業は色々と大変だったことと思いますが、ご苦労されただけの価値のある本になっているなあと思います。素敵な本を作ってくださって、どうもありがとうございます。


>>> N.T.さん(東京在住)

写真集、届きました。ポストに入っていたのを見たときはちょっと感激しちゃいました。多くの人の思いと愛が込められたとてもすてきな写真集だと思います。


>>> H.E.さん(宮城在住)

写真集、届きました。ありがとうございます。良い本が出来ましたね。本当に、おめでとうございます。

クロスの色も、箔押しも、横扱いのレイアウトも素敵ですね。それから、本文の書体がまたいいですね。読んでいるというより、実さんとはお会いした事もありませんが、直接穏やかな声で話しかけられている、そんな錯覚をおぼえます。そして、由紀さんの実さんへの思いもこの一冊をとても温かいものにしていると感じます。


>>> M.T.さん(東京在住)

今日、会社から帰ってきたら、郵便受けに入ってました。ありがとうございます。缶バッチ、感激です。愛蔵版は家で、通常版は持ち歩いてと・・・と思ったのですが、これ、金曜日に高校時代の友人に会うので(一緒に語る会に行った友人です)彼女に1冊あげようと思います。なので、自分用に、あと2冊・・・お願いできますでしょうか・・・。お手数おかけしてすみません。だって、これすごく素敵です。その辺に売っている本より、ずっと素敵です。

皆さま、本当におつかれさまでした。これは、本当に大変でしたよね。作り上げられたのが、すごい!の一言です。保苅さんが、「また、うちの姉貴がすごい本作っちゃってさぁ」って、笑いながら自慢しているのが目にうかびます。ちょっと読みながら泣けてきました。ありがとうございました。


>>> Y.S.さん(東京在住)

保苅くんと高校、大学で一緒でした。お送りいただいた保苅くんの写真集、確かに落掌いたしました。とても素晴らしい写真集だと思います。内容的にも外形的にも素晴らしく、お姉さまの熱意が伝わってくるものでもありました。このような写真集を手元に置くことができたことに対し、感謝申し上げる次第です。ずっと大切にします。いろいろとお骨折りいただき、ありがとうございました。


>>> T.H.さん(東京在住)

只今、保苅実様の図録届きました。“生命の木”のバッジと共に。感動です。一気に読み干しました。大地の息吹きを感じながら。実さんの人生は“大地に生まれ、大地に還り、また、そこから始まったような感じが致します。従い、あのダグラグ村の何処かに住んでおられるような気がします。つまり、そこに行けば、保苅実様にお会いできるのではと思います。
 
“生命の木”のバッジはいつも持ち歩くカメラケースのポケットに入れました。この生命の木は多くのことを教えてくれます。根の部分には、人間観・宇宙観・社会観、幹の部分には、歴史の柱、枝葉の部分には、花開く人間文明です。実さん、有り難うございます。私の好きな“赤色”表紙の『カントリーに呼ばれて』を身近に置き、ときどき“アボリジニの世界”へと足を運ばせて頂きます。 


>>> M.I. さん(東京在住)

写真集、昨日無事に届きました。もちろんバッジも一緒に…立教での写真展の感動が、甦ってくるような写真集ですね。写真の色も綺麗だし、質感も、文章も…大切にします!

September 10, 2010 [ 2010 Catalogues ]

>> 図録:注文受領メールと、通常版発送予定日

これまでにいただいた図録注文に、振込先情報を含む注文受領メールを送信しましたので、ご確認ください。

通常版の納品日が決まりましたので、通常版のみの注文については、振込が確認できたものから、9/20(月)より発送を開始します。愛蔵版については、もう少し遅れます。

来週中にでも、日本国外に対し図録の販売を開始いたしますので、ご注文がまだの方はお急ぎください。愛蔵版の残部は、あと12部です。


保苅由紀

September 02, 2010 [ 2010 Catalogues ]

>> 写真展図録:追加情報。

皆様

図録販売に関する追加情報です。

1.立教大学の写真展での販売、間に合わず

ここ数週間、日本とNYの13時間の時差を利用し、フルタイムの仕事を持つ二人と、夏休み中の子供二人を抱えるフルタイムママの私とで、24時間体制で図録の製作に励んできましたが、度重なる校正の嵐で、愛蔵版のみならず通常版も開催期間中に間に合わせることができなくなりました。皆様の期待にこたえられず、大変残念に思いますが、保苅実の名前で出版するものは、中途半端に妥協して仕上げることはできません。

ウォール街で働いていた頃の私なら、烈火のごとく怒ったと思うのですが、弟のことはいつもなにか見えない力が働いて、あるべき時にあるべき形で起こると決まってるので、この一見の大惨事・大失敗にもおそらくなにか意味があるのだろうと、自然と心が落ち着いているから不思議なものです。どうかお許しくださいませ。

2.愛蔵版の残部、現在21部

「愛蔵版を希望しますが、もし残部がなくなっているようなら通常版でも結構です」という注文が増えてきましたが、まだ21部残っていますので、ご希望の方はお急ぎください。

3.請求書払いにも対応します

公費・研究費等で購入を希望される方を配慮し、請求書払いにも対応することにしました。ご希望の方は、その旨、明記の上、ご注文ください。

4.図書館から、注文がきています

追手門学院大学・付属図書館・オーストラリアライブラリと、オーストラリア国立図書館から、注文をいただきました。大勢の方に利用していただける図書館という場に、この図録が居場所を見つけたということを、心より嬉しく思います。皆様、ご利用の図書館にもお知らせくださいませ。

5.このメールを、お知り合いに転送、ブログに掲載してください。

最初のご案内では、「写真集」と書きましたが、サイズはA5の図録、です。また、愛蔵版の表紙は、事情があって、デザインが少し変わりました。ウェブサイトにあるのが、新しいデザインです。

9/5(日)までに予約してくださった方には、保苅実が亡くなる数週間前に描きあげた「生命の樹」をデザインしたバッチを差し上げます。

図録の購入を通じた記念奨学基金へのご協力を、心よりよろしくお願い申し上げます。

保苅由紀

August 27, 2010 [ 2010 Catalogues ]

>> 写真展図録:購入予約の受付開始。

皆様

9月6日より開催される立教大学での保苅実写真展(9月12日まで)に先行し、保苅実写真集「カントリーに呼ばれて:ラディカル・オーラル・ヒストリーとオーストラリア・アボリジニ」(図録 A5 版 88頁 カラー32頁 完全和英テキスト)の購入予約受付を開始します。また、写真展会場での販売は、日本オーラル・ヒストリー学会の大会当日9/11-12の二日間までには、是非とも間に合わせたいと思っていますが、通常版だけの販売になるかもしれません。

図録は、愛蔵版と通常版の二種類でお届けしますが、布表紙の愛蔵版は泣いても笑っても限定50部です。

aizo_s.jpg

normal_s.jpg
1.愛蔵版(布表紙・赤) 限定50部 価格6000円+送料**
2.通常版(紙表紙・写真入り) 220部 価格2700円+送料**

** 送料について。日本国内のみ、2冊までは一律350円。3冊以上はお問い合わせください。

9/5(日)までに予約してくださった方には、保苅実が亡くなる数週間前に描きあげたクレパス画「生命の樹」をデザインしたバッチをもれなく差し上げます。

尚、高めの価格設定になっていますが、販売による利益は、すべてオーストラリア国立大学・保苅実記念奨学基金に寄付します。同基金の残高は現在A$64,168で、毎年A$5000の奨学金を永久給付するには、さらにA$50,000(約380万円)の資金追加が必要です。(今年の奨学金額はA$2500の予定。)

「人生は長さではなく深さだ」と言い、充実した人生を送ったと納得してこの世を去った弟です。32年という短く深い彼の人生に、記念奨学基金を末永く残すことで「長さ」も与えてやりたいと思っています。どうかご協力をお願いいたします。

ご購入希望の方は、以下の情報をメールでご送付ください。請求書払いもお受けします。

1.注文部数(愛蔵版・通常版の区別とそれぞれの注文部数)

2.お名前(漢字とふりがなも)

3.送付先住所と郵便番号

4.連絡先電話番号

5.メールアドレス

購入予約メールをいただいた後、来週中に代金の振込み先(「保苅実とつながる会」郵貯口座)等を注文確認メールという形でお知らせします。2週間以内にお振込みがない場合は、注文を取り消させていただきますので、ご了解ください。図録は、お振込みいただいてから、2週間以内に発送します。請求書払いにも対応します。但し、海外への送付をご希望の方は、支払い方法・郵送料など、改めて別に対応しますので、まずはメールでの予約申し込みをお願いします。


保苅由紀