Top

July 08, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> Exhibition Report (Hokkaido Museum of Northern Peoples)

The exhibition “The Call of the Living Earth: Photographs of Australian Aborigines by Minoru Hokari” closed on June 20. Even though it was a very, very small exhibition, I have the impression that it attracted more attention than any of our previous exhibitions.

At first, even my colleagues had asked, “Hokari Who?” But on opening day, Naoko Terada (travel journalist) sent a beautiful bouquet, and there was a sense throughout the museum that this exhibition was not going to be like the others. Then scores of visitors came from afar specifically to see this exhibition, many copies of Radical Oral History and Kaze no Tabibito (“Traveler of the Wind,” a magazine that published an excerpt of the book along with photographs by Seiichi Motohashi) were sold, and Ronin Films came to film it all. Requests for informational postcards far exceeded the five or so inquiries that I had expected. Thus the initial reaction of “Hokari Who?” shifted to “Who IS this Dr. Hokari?!”

To be honest, I had been a little worried whether a collection of photographs taken by a graduate student would hold up as an exhibition in a public museum, free admission notwithstanding. But such worries turned out to be utterly needless; The composition of the photographs, their horizontals always true, made it clear that each scene, each frame had been photographed with the utmost care. While the exhibition consisted of more text than images, the photographs certainly held their own.

In putting together this exhibition more than any other, I have appreciated the support and cooperation of so many people, and I am grateful for the encouragement I received throughout the process. The satisfaction of knowing, from the visitors’ reactions, that this exhibition has been an inspiration is one of the privileges of being a museum curator.

The total number of visitors to the exhibition was 3,509.

Irumi Sasakura

(Translated by Kyoko Uchida)

>> 展示報告(北海道立北方民族博物館)


「保苅実写真展 カントリーに呼ばれて オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」は、6月20日に終了しました。小さな、小さな展示でしたが、これまでのどの展示よりも注目されていることを感じていました。

職場の者たちも、最初は保苅さんって誰?だったわけです。ところが、まず初日に寺田直子様からとても素敵なお花が届き、館内で一気に今回の展示はどうもいつもと違うのでは、となったのです。その後もこの展示をめがけて大勢の方々が、遠方よりおこしくださったり『ラディカル・オーラル・ヒストリー』や『風の旅人』が売れていったり、Ronin Films社の撮影があったり、また5件くらいかなと思った、案内はがきの請求も5件どころではなく、「保苅さんって誰?」、から「保苅さんって一体何者?」となってゆきました。

正直なところ、学生の撮影した写真が、無料とはいえ公立の博物館の展示になるだろうか?という心配はあったのですが、それは全くの杞憂でした。水平がいつもきれいにとれた写真は場面場面が大事に撮影されていることをみせてくれました。写真よりも文字のほうがずっと多い展示ではありましたがそれでも写真もきっちりと主張した写真展でした。

大勢の方の協力や支えをこれほど感じた展示はなく、支援を心強くおもいながら、作業できたことに感謝しています。この展示が誰かの何かのきっかけになっている、という手応えは学芸員冥利につきるというものです。

なお、来場者数は3509名を数えました。

笹倉いる美

June 16, 2010 [ Mailing List ]

>> More about the Exhibition/Another Project Completed.

Hi Everyone -

There are a few more days until the closing of the exhibition on June 20. My children are moving toward summer vacation and I've had a few opportunities to introduce my brother to their classmates' moms. They are enjoying Mino's writing ("The Living Earth: The World of the Aborigines" from the "Conversations": As you know you can find it on this website.)

One of them suggested to have an exhibition in New York....That's not a bad idea, isn't it?

Australian Embassy Website has a page about the Exhibition now.

I have another news to share. Unfortunately, I have not promptly notified by either an author or its translators, but I found out that a book that Mino had worked on its English translation has been published in the US. "Otaku: Japan's Database Animals" (Hiroki Azuma, Minnesota Press 2009)

I negotiated for the Mino's credit with the author a few years ago. Mr. Azuma and, Mr. Abel and Ms Kono, the translators, kindly mentioned Mino's name in Preface and Introduction. It explains that this translation project began with an e-mail from Mino in February 2003, suggesting the original Japanese version to be translated in English.

Mino worked with Julia Yonetani only on the first chapter and had to stop it due to his illness. As Mr. Azuma wrote, the final version of the translation belongs to the two translators, but I am very pleased to see an idea and a work that Mino started has been completed.

One more thing is done! :-)

I will have more things to share soon. Until then....

Yuki Hokari

>> もっと写真展、そしてもう一つのプロジェクト完了。

皆様

6月20日の写真展最終日まで、あと数日を残すだけとなりました。私の子供達は夏休みに向かってまっしぐら。そんな中、彼らのクラスメートのお母さん達に、保苅実のことを話す機会が何度かあり、新潟日報の連載「生命あふれる大地~アボリジニの世界」の英語版のコピーを渡しました。そのうちの一人が、ニューヨークで写真展をやったらどうかと提案してくれました。・・・悪くない話でしょう?


オーストラリア大使館のウェブサイトに、写真展情報が掲載されました。


そして、トラベルジャーナリストの寺田直子さんが写真展を訪問し、ブログに書いてくださいました。

博物館常設展示、網走のエントリはこちら

寺田さんには、例の断裁二冊救済の件をブログで紹介していただいたことがあります。

このエントリを通じて、今でも、断裁の二冊購入を求めるメールが私のところに届きます。


さて、今回、もう一つニュースがあります。大変残念なことに、出版された時点で、著者からも翻訳者からも連絡がなかったため、今の今まで私自身知らなかったのですが、弟が英訳を提案した、東浩紀「動物化するポストモダン」の英訳版

"Otaku: Japan's Database Animals" (Hiroki Azuma,Minnesota Press 2009)が、去年の初めに出版されていたことがわかりました。

数年前に、東氏と翻訳者の方と、保苅実が米谷ジュリア氏と共訳した第一章のクレジットを明記してほしいと交渉した経緯がありますが、出版された本の、PrefaceとIntroductionで、東氏と翻訳者のお二人が、この翻訳版への保苅実の関わりについて、丁寧に書いてくださっています。この翻訳プロジェクトは、弟が2003年2月に東氏にメールを出し、英訳を出版したらどうかと提案したところから始まっています。翻訳作業途中で、弟は発病し、完成させることができませんでした。東氏が書いておられるように、この完成された英訳は、翻訳者のお二人に属するものですが、弟のアイデアと彼が開始した作業が無事に終了し、出版に至ったことを私は嬉しく思います。

というわけで、もう一つ、彼のやり残しを仕上げましたわ。

また、近いうちにご報告することがありますので、お楽しみに。それまで、どうかお元気で。

保苅由紀

June 08, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> Student Group Tour and "Connection"

Dear Everyone -

There will be less than 2 weeks until the closing of the exhibition, June 20th. Several people told me about their upcoming visits, from Tokyo and Niigata. Thank you very much!

There have been a few student group tours from local middle schools. Irumi Sasakura, Curator, wrote to me:

* * * * *

Today I gave a talk on the photography exhibition in front of a group for the first time (not counting interviews).

The middle school students were a very attentive audience. Even their teacher had known almost nothing of the Australian Aboriginal peoples! Naturally I cannot expect such a brief encounter to change things significantly, but it is my hope that the story of Dr. Hokari has touched them, has left an impression somewhere in their hearts. Perhaps not only their exposure to Aboriginal culture but also the narrative of how this young man took wing to explore the wider world, soaring to great heights, will be an inspiration to these small-town middle school students.

This, too, has been one of our goals since the planning stages of the exhibition.

They all listened wide-eyed as I described how Dr. Hokari had sped across the Australian continent on his motorcycle. I also read to them from the beginning of "Radical Oral History". You know how middle-aged women tend to nod their heads when listening to someone talk? One of the boys kept nodding as he listened; I feel that Dr. Hokari must have made a strong impression on him.

Later, when I went to see how the kids were enjoying the exhibition, I saw a somewhat elderly couple among them -- they would first read the panel explaining the photograph, then take in the image itself, discuss something between themselves, and then move a few steps to read the next panel, look at the next photograph, and so on. They must have spent over an hour at the exhibition.

(Translated by Kyoko Uchida)

* * * * *

It is such a great pleasure to see the possibility that Minoru's life might have touched a local boy. This is exactly what I hoped for and one of the reasons why I agreed to have an exhibition in such a remote city in Japan.

Some people have asked for having an exhibition in Sapporo, a major city in Hokkaido as well as Tokyo, of course. I personally want to plan one in Niigata, where Minoru and I grew up and where my parents live. Perhaps one in Daguragu? We never have expected such a reaction and this exhibition was not planned or organized as "to be repeated" exhibition. Therefore, I realized that it was not clear where to contact with such an inquiry. I decided to create an organization "Connection (to Minoru Hokari)" which will be an official contact for any future Mino-related events from now on. (E-mail: info@hokariminoru.org) A committie will be set up for each event within the "Connection." If you wish to have an exhibition coming to your town or a group tour to Mino's hometown in Japan or any other exciting idea, please let us know.

As the name of this organization "Connection" implies, I hope to extend the Mino connection to someone in somewhere through many diffferent ways, with you who are connected with him. Thank you very much.

Yuki Hokari

>> 写真展に中学生団体、「保苅実とつながる会」

皆様

写真展もあと2週間を切りました。皆様が、東京から新潟から、ぎりぎり最終日の20日までの間に、網走まで足を運んでくださること、とても嬉しく思っています。本当にありがとうございます。

写真展には、地元の中学生の団体がいくつか訪れています。以下は、主任学芸員の笹倉いる美さんからのメールです。

* * * * *

私は今日人前でははじめて写真展の説明をしました。(取材以外で)

中学生たちはとても真剣に話をきいてくれました。先生でさえアボリジニを知らなかったというのです。もちろんそんな短い時間でどうかなるというものではないと思いますが、心のどこかにちょっとでも保苅さんが残ってくれるといいなぁと思っています。アボリジニ文化のこともですが、保苅さんという青年が大きな世界に羽ばたいて行ったことが、小さな町の中学生にも何かのきっかけになったりするといいなと。

このことは展示企画時からの、ねらいの一つでした。

保苅さんがオーストラリア大陸をバイクで駆け抜けた話しをしたら皆目をまるくしていました。ラディカルの最初の部分を読んでみたりもしました。ほら、おばさんになると、人の話をきくときにうなずくではありませんか。中学生の男の子の一人が私の話をうなずきながらきいているので、きっとあの子の心には保苅さんが残ったんだろうなと思っています。

そのこどもたちの様子を見に展示室に行くと、少し年輩のご夫婦が、写真展のパネルをひとつ読んで、写真を見て、それから二人で何事かを話し、また少し横に動いてはパネルを読んで写真を見てということを繰り返されていました。おそらく一時間以上滞在されたのではないでしょうか。

* * * * *

中学生の心に、弟の人生が少しでも残るということが、私は嬉しくてたまりません。大都市ではなく、地方の町で写真展を開催することの意義は、まさにそこにあるのだと思うのです。

写真展を、札幌や東京で、という声があがっています。是非、新潟でも、と思っています。このような反響を予想し巡回展を念頭において企画した写真展ではありませんので、問い合わせをどこにすればいいのか、困惑しておられる方も多いかもしれません。そういった声に応える形で、このたび「保苅実とつながる会」を設立し、関連イベント・事業等の窓口とすることにしました。連絡先はこれまでどおりinfo@hokariminoru.orgとなります。そして、「つながる会」内に、その都度、各種イベントの実行委員会を設定していきます。他都市での写真展開催希望や、オーストラリア・ツアーなど、アイデアがあればいつでもお寄せください。

「つながる会」というその名のとおり、保苅実とつながっている皆さんのご協力で、このつながりを大きく広げていく流れを作っていければと思っていますので、今後ともどうかよろしくお願いします。


保苅由紀

May 19, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 続・写真展の反響

5月15日付けで、読売新聞に写真展の記事「写真展で知るアボリジニ:研究者 保苅さん足跡も」が掲載されました。

ついに、全国三大紙に登場です。

May 18, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> "Experimental" Exhibition

This is an article that appeared in a local newspaper, Abashiri Times, on May 14th, written by Mr. Atsushi Nakada, Irumi's colleague at the museum.

* * * * *

A Photography Exhibition on Aborigines


“The Call of the Living Earth: Photographs of Australian Aborigines by Minoru Hokari” — this is the rather long title of a photography exhibition currently at the Hokkaido Museum of Northern Peoples.

This is an unusual exhibition for the Hokkaido Museum of Northern Peoples in that its thematic subject is of the south: Australia and its indigenous peoples. The photographs are the work of Dr. Hokari, a historian who has taken an innovative approach to studying Aboriginal history — the practice of a “radical oral history” that respects, preserves, and prioritizes the narratives told by the Aboriginal people themselves.

While many of the photographs are of simple images, the dry, reddish-brown earth and distinctive Aboriginal features strike those of us accustomed to northern landscapes as fresh and revealing. Accompanying the pictures are excerpts from Dr. Hokari’s book. In pairing the images with the photographer’s own words, the exhibition attempts, in a sense, to retrace the trajectory of his research.

In some ways, this exhibition is an unprecedented, experimental endeavor for the museum. We invite you to visit and see for yourself whether it has been a success. Admission for the photography exhibition is free.

In connection with the exhibition, we have invited an expert to give a talk on May 29 on the theme: “Who Are the Aboriginal Peoples? Indigenous Australians: Their Past and Present.” We hope you will join us.

- Translated by Kyoko Uchida

* * * * *

Friends of Mino and mine are visiting the exhibition from Tokyo as well as Niigata. This is a great news for the museum since most of their visitors have been limited to local residents or tourists. Total 8 copies of Mino's book have been sold there so far.

>> 「実験的試み」な写真展

5月14日付けで、網走タイムスという地元新聞に掲載された「アボリジニ写真展」という記事は、北方民族博物館の学芸員・中田篤さんが書かれたものです。

* * * * *

「カントリーに呼ばれて オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」。少々長いですが、北方民族博物館で開催中の写真展のタイトルです。

北方民族博物館には珍しく、「南」のオーストラリアとそこに住む先住民アボリジニをテーマにしています。撮影者の保苅さんは、アボリジニの人びとが語る歴史を大切にし、「ラディカル・オーラル・ヒストリー」という新しい切り口で研究を進めてきた歴史学者です。

多くは素朴な写真ですが、赤茶色の乾燥した大地やアボリジニの独特の風貌は、北方地域に慣れた目には新鮮に映ります。そして写真の隣には、彼の著者から抜粋した文章も展示されています。写真と彼自身の言葉を組み合わせることによって、保苅さんの研究の足跡を再構成したものと言えるかも知れません。

今までの北方民族博物館にはなかった、ある意味、実験的な試みです。この実験が成功したのかどうか、それはご自身の目でお確かめいただきたいと思います。写真展のみの観覧は無料です。

また、5月29日には専門家をお招きし、「アボリジニってどんな人たち?オーストラリア先住民の経験と現在」という講座を行います。こちらにもぜひお越しください。

* * * * *

東京からも、新潟からも、保苅実つながりの来館があります。地元住民や観光客が主たる来館者だという北方民族博物館にはうれしい現象です。そして「ラディカル」が合計で8冊売れました。

May 12, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 写真展の反響

5月10日付けで、経済の伝書鳩というフリーペーパーに、写真展の記事が掲載されました。

5日5日に行われた日本オーラルヒストリー学会(JOHA)のワークショップで、写真展が紹介されました。酒井順子さん、大城道子さん、どうもありがとうございました。東京での開催を求める声が出たそうです。

May 11, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>>写真展のこれから

写真家・露口さんの私への呼びかけのような追加エントリを読んで、思ったこと。

次の開催地をどこにするか、という話を始めている。「稀な展示」だという保苅実写真展をどこにつなげていくことができるのか。どういう場所で開催するのが最も効果的なのか、と考えている。人との「つながり」を求めた弟が、今、何を求めるだろうかと、次はどこへ行きたいか、何をしたいかと考える。私が、彼に何をしてあげられるかを、考える。

露口さん、そうです、これは始まりであって、着地点ではありません。私と笹倉さんとの出会いが、笹倉さんと露口さんとの出会いが、この写真展を生んだように、またこの写真展から新たな出会いが始まりました。笹倉さんは、「姉弟に呼ばれて」だと言っていました。「カイ」の皆様に、瀬川さんにどうかよろしくお伝えくださいませ。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

保苅由紀

May 06, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 続・続・写真展

5月3日付けで、網走タイムスという地元新聞に「アボリジニの歴史紹介 ~故・保苅実氏の写真展」という記事が掲載されました。

5月6日付けで、北海道の雑誌「カイ」のブログにエントリを見つけました。写真展を手伝ってくださった写真家の露口啓二さんが、昨年10月に写真展開催までの途中経過のエントリも書いてくださっています。

半年以上も前に、そんなあたりをうろついていたわけですねぇ、としみじみ。

April 30, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 続・写真展

4月30日付けで、ある訪問者のブログにエントリが出ました。

5月1日付けで、北海道新聞に「豪州アボリジニ写真32点で迫る ~網走で故・保苅さん作品展」という記事がでました。

網走というと、北の果てという印象がありますが、東京から日帰りできます。私が乗ったのは羽田発朝8時の便で女満別空港に9時45分着、車で博物館まで20分程度でした。近くに、網走監獄もオホーツク流氷館もあります。

交通案内はこちらでご確認ください。
観光情報はこちらでどうぞ。


写真展に足を運ばれた方で、私、もしくは両親宛にメッセージがある方は、展示室に感想カードを用意していますので、そのカードに、「保苅さんご家族へ」と書き添えてお名前を明記下されば、後日、博物館の笹倉さんが私宛てに連絡してくださることになりました。

できるだけ多くの方に、展示を見ていただければ幸いです。

由紀

April 29, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 写真展、本日開催です。

ohana2.JPG


本日、北海道北方民族博物館にて、「保苅実写真展 ~カントリーに呼ばれて オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」が開催となりました。この企画をしてくださった学芸員の笹倉いる美さんからのメールです。

*******************

おかげさまで無事準備は完了しました。

由紀さん無しでは到底ありえなかった展示です。由紀さんがいたからこそ実現できた展示です。

展示をし終わったわたしの感想はこじんまりとはしていますが、品がある展示かな、というところです。同僚がたまに展示準備の様子をみにきて、かけっぱなしになっている映像をみながら、お姉さんは出ていないの?と言っていました。本編はこの先どうなるのでしょうね。

保苅さんの本とかそういうものと一生縁がなかっただろう事務のおじさんたちが、「保苅さんが・・・」と言っているのを聞くのは楽しいですよ。

ほぼ満月でのオープンというのはねらったわけではありませんが、偶然そうなりました。写真は33点展示ですが、このうち1点は露口さんが撮影したラディカルの表紙ですから保苅さんの写真は32点。保苅さんが生きた年と同じになりました。こじつけ、ともいえるかもしれませんが、この展示におこった様々なことを考えると全てに何かがあるように思えてきます。

この企画も一見わたしの発案に見えますが、保苅さんがカントリーに呼ばれたように、わたしもこの展示をするようにとどこからか呼ばれたんだと思っています。これがいろいろな意味で稀な展示であることを私は保証できると思います。

笹倉いる美

*******************

寺田直子様、素敵なお花をありがとうございました。香りがとても良いそうです。温かいお心遣いを、両親と共にいつも嬉しく受け取っています。

由紀

>> The Opening

Dear Everyone -

I am pleased to announce the opening of the exhibition. (Note: There is already one local newspaper article on May 1st and a visitor wrote a blog about it on April 30.)


Title: "The Call of the Living Earth: Photographs of Australian Aborigines by Minoru Hokari"

Date: 2010.04.29 ~ 2010.06.20

Place: Hokkaido Museum of Northern Peoples

*** It is in Hokkaido, a northern island in Japan, but it is just 2 hours flight from Tokyo and there is famous "Abashiri Prison Museum" (a Japanse version of "Alcatraz") nearby.


I have received a following mail from my friend, Irumi Sasakura, who works at the museum.

***************

I am happy to report that preparations for the exhibition have been completed.

Yuki-san, this exhibition would never have been possible without you. It is thanks to your efforts that we were able to bring it about. Having finished curating and preparing the exhibits, my impression is that it is a very tasteful and dignified, if small and intimate, exhibition. My colleagues, who occasionally dropped in to see how the preparations were coming along, would watch the looping video (”The Story of Hokari Minoru”) and ask, “Isn’t his sister in it?” I wonder what is going to happen with the full documentary film?

It is also gratifying to hear the clerks, who otherwise might never have encountered Hokari-san’s book or considered the issues he raises, talking about him and his work.

Although we had not intentionally planned for it, the exhibition opened on a full moon. Of the 33 photographs exhibited, one is of the book cover of Radical Oral History, taken by Mr.Tsuyuguchi, so strictly speaking, Hokari-san’s works number 32 – the same as the number of years he lived. Perhaps I am reading too much into such connections, but after all that has occurred in the process of putting together this exhibition, I cannot help but feel that everything has a deeper meaning.

In that sense, while this project may at first appear to have been my idea, I believe that, just as Hokari-san had been “called by the Country,” I, too, was “called” by some place to put on this exhibition.

I can assure you that this exhibition will prove to be an extraordinary occasion in many ways.

Irumi Sasakura

******************

If you visit there, there is an area that you can write the message to the Museum, Mino and his family. If you address to "Mino's family" with your name, Irumi will send them to me. I look forward to hearing from you.

Yuki

April 22, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> The Photo Exhibition ~ related events

Dear Everyone -

We are getting ready for the opening day of the Photo Exhibition on April 29th. The following is the list of related events. If you want to receive a postcard, the deadline is April 24th.

I hope as many people as possible would meet Minoru Hokari again or for their first time.

Yuki


*** Admission for all the events is free.

The below events will be held at the Hokkaido Museum of Northern Peoples.

May 2 (Sun) 1 - 4 PM
"Fun with Photos: Digital Photography Basics and Simple Picture Book-Making"
Instructor: Takuya Kodera (Photographer)


May 3 (Mon) 1:30 - 3 PM
"Learn to Throw Your Own Paper Boomerang!"
Instructor: Hideki Watanabe (Japan Boomerang Association)


May 29 (Sat) 1:30 - 3 PM
Lecture: "Who Are the Aboriginal People? Indigenous Australians: Their
Past and Present"

Prof. Sachiko Kubota (Kobe University)


All the events above will be held at The Hokkaido Museum of Northern Peoples and the one below will be at Hokkaido University in Sapporo, Hokkaido.


May 30 (Sun) 3 - 4:30 PM
Lecture: "The Birth of Indigenous Artists: The Development of Aboriginal Art"
Prof. Sachiko Kubota (Kobe University)
Hosted jointly by Hokkaido Museum of Northern Peoples and Hokkaido Ethnological Society
Sponsored by Hokkaido University Center for Ainu & Indigenous Studies

>> Postcard (English version)

Here is an English version of the postcard.

eng_postcard.jpg

April 20, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 写真展・関連イベント

北海道北方民族博物館にて。


「写真を楽しむ~デジタルカメラ教室&かんたん写真絵本づくり」

5/2[日]午後1時~4時 
参加無料 定員20名
講師 小寺卓矢氏(写真家)
持ち物/デジタルカメラ


「飛ばしてキャッチ!紙ブーメラン教室」

5/3[月]午後1時30分~3時 
参加無料 定員30名
講師 渡辺秀樹氏(日本ブーメラン協会北海道地区代表)


国際博物館の日記念
「講座アボリジニってどんな人たち? オーストラリア先住民の経験と現在」

5/29[土]午後1時30分~3時 聴講無料
講師 窪田幸子氏(神戸大学大学院国際文化学研究科教授)


以上の会場は、北方民族博物館にて。


次の講演会は札幌です。

「講演会 先住民アーティストの誕生:アボリジニ芸術の展開」

5/30[日]午後3時~4時30分 聴講無料
講師 窪田幸子氏
会場 北海道大学人文社会科学総合教育研究棟W409会議室
主催 北海道北方民族博物館・北海道民族学会
後援 北海道大学アイヌ・先住民研究センター


できるだけ多くの方が、保苅実と出会い、再会してくださることを祈っています。

由紀

April 15, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 絵葉書をご希望の方は



保苅実写真展 ~カントリーに呼ばれて

オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー


会期 平成22年4月29日[木]~6月20日[日]

会場 北方民族博物館特別展示室 観覧無料

主催 北海道立北方民族博物館 (北海道網走市字潮見309-1)


hokari_card.jpg



この絵葉書の受け取りを希望される方は、post_card@hoppohm.org(担当:北海道立北方民族博物館笹倉いる美)宛てに、郵便番号・住所・名前を明記の上、4月24日までにご連絡ください。なお、お送りいただいた個人情報は後日削除されます。

April 10, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 2010.04.10

Dear Everyone -


I was in Japan for 10 days from 3/26 to 4/4. It was so nice to see my children having a great time with their grandparents and great grandma, who just turned 89. It has been almost 4 years since I was there last. We spent 3 days in Tokyo, then moved to Niigata. I also took a day trip to Abashiri, Hokkaido, to see the Museum where Mino's photo exhibition will be held. Below is the details.

Title: "The Call of the Living Earth: Photographs of Australian Aborigines by Minoru Hokari"

Date: 2010.04.29 ~ 2010.06.20

Place: Hokkaido Museum of Northern Peoples


I have to tell you...this exhibition has been carefully thought out and planned by Irumi Sasakura, who met Mino after his passing through his book "Radical Oral History", found me on the web, and we became good friends. A photographer in Sapporo, Hokkaido, Keiji Tsuyuguchi, who also met Mino through his book, wrote about Mino on his blog. This blog entry inspired Irumi, who works at the Museum, brought me an idea of the exhibition.

In Hokkaido, I met her for the first time after a few years of e-mail only relationship. It is such a beautiful museum in the midst of vast nature. She walked me through the whole exhibition one by one and I found it as an amazingly fulfilling learning experience since it was with her who has extensive knowledge about the subject. Until now, the museum has never dealt with anything other than Northern Peoples such as Ainu and Inuit. It is fascinating to see Mino travels all the way to Hokkaido, a northern part of Japan, to present what he experienced with the Gurindji people.

At the exhibition, you will visit Australia, meet the Gurindji in their country through the pictures that Mino took, read excerpts from his book, and, at the end, you will grasp what Mino learned from the Gurindji and what he wanted to share with the rest of the world.

Thanks again for all your help to make this event possible. It has been a long way...but we did it.

Another Mino project that I am working on is to collect Mino's episodes for the website. If you have any interesting Mino episode that you can share with people who never got a chance to meet him, please write a few sentences and e-mail me at info@hokariminoru.org. The first deadline is 4/30 and I am planning to present them on the website on May 10. Any small episodes will be appreciated. Thanks for your help.

Yuki Hokari


========= The following message is written in Japanese.=========

皆様

わずか10日間の日本旅行を終えて、日曜にアメリカに戻りました。子供たちが、私の両親と89歳になった祖母と楽しい時間を過ごせたこと、とても嬉しく思います。東京で三日過ごし、その後新潟に移動したのですが、東京の滞在中に、一人で北海道・網走まで行ってきました。

今月4月29日から6月20日まで北海道立北方民族博物館で開催される「保苅実写真展 ~カントリーに呼ばれて オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」は、学芸員・笹倉いるみ氏によって注意深く計画・デザインされました。弟の死後、「ラディカル」を通じて保苅実に出会った彼女は、姉である私を探し当て、大変親しい関係になりました。同じく「ラディカル」で弟に出会ってくださった札幌在住の写真家・露口啓二氏のブログで、写真展というアイデアを思いつき、私に提案してくださり、そこから長い道のりを経て、今回の開催となりました。露口氏も、さまざまな形で展示にご協力いただいています。

数年にわたるe-mailだけでのお付き合いの後、今回初めて彼女に会いました。北方民族博物館は、自然の中に凛として建つ美しい博物館です。数時間かけて、彼女による詳しい説明を聞きながら、一点一点時間をかけてすべての展示を拝見しましたが、これほど充実した時間を博物館で過ごしたことはありません。今回の写真展まで、この博物館での展示はすべてアイヌやイヌイットなど北方民族に限ったものでした。オーストラリアで人生を終えた保苅実が北海道にたどりつき、グリンジとの経験を、日本の、北海道の人々と共有することに、感動を覚えます。

展示では、保苅実が撮った写真を通じて、人々はオーストラリアの地を踏み、グリンジ・カントリーで人々に出会います。「ラディカル」の抜粋を読みながら、一枚一枚の写真を追い、最後には保苅実がグリンジから学んだこと、世界に伝えたかったことを理解できることでしょう。

どうか機会を作って、この写真展に足を運んでくだされば幸いです。そして、改めて、この写真展開催にたどり着くまでの皆さんのご協力に、心からお礼申し上げます。

保苅由紀

March 21, 2010 [ 2010 Photo Exhibition ]

>> 2010.03.21

皆様

今週の木曜に、アメリカを発ち、日本に向かいます。2週間足らずの短い家族旅行ですが、3年ぶりの日本です。子供たちも大きくなり、さまざまな日本の文化を満喫することだろうと楽しみです。東京に3泊する間に、前々からお知らせしている写真展についての打ち合わせのため、日帰りで網走に行きます。さて、ようやくこの写真展の日程が以下の通り、決まりましたので、お知らせします。

会期 平成22年4月29日[木]~6月20日[日]
会場 北方民族博物館特別展示室 観覧無料
主催 北海道立北方民族博物館

テーマに沿ったさまざまな関連イベントが企画されており、その詳細は随時、博物館のウェブサイトで案内される予定です。


写真展開催のきっかけになった写真家・露口啓二氏のブログにもエントリーがありますので、ご覧ください。


ところで。エピソードの集まりがあまりよくありません。一回目の締め切りは4月末ですので、どうかよろしくお願いします。

由紀