Top

January 10, 2011 [ Mailing List ]

>> 2011.1.10

Dear Everyone -

A happy new year!

On January 10, 1997, exactly 14 years ago from today, Mino first arrived at Daguragu, wondering how to introduce himself to the Gurindji people and being nervous if they would understand his Japanese accent. Then, he met Old Jimmy on January 15, his life-changing event. My son, who was 3 years old when Mino passed away will be 10 years old on January 15 this year. This year, we will finally publish his book in English. I cannot imagine how exciting year 2011 will be.

I am now in the middle of proofreading “Gurindji Journey: A Japanese historian in the outback” (UNSW Press). I don’t know how many times I have read the manuscript and cried every time, and this time is not any different. His writing is so lively and vivid, and I can picture him listening to Old Jimmy, sitting next to him. His logic is so clear and easy to follow even for a person like me, non-academic. I cannot wait for all of you to read this book. It will prove him as a historian, not an anthropologist.

As technology develops, we have now so many different tools to connect to each other these days. I decided to start using “Twitter” for ongoing and future Mino-related activities. I also mutter my favorite memories of him. Please follow Mino on Twitter. I also added a Twitter logo on our website, which takes you to his Twitter page. The more of you follow, the more people will meet Mino and find out about the related events. Please join in.

The third photography exhibition, in Osaka, Otemon Gakuin University (2010.11.20 – 2010.12.3), attracted about 100 visitors. I received many favorable comments from them. I am planning to create a dedicated webpage for all the exhibitions with pictures and reports from those involved in each event.

On the final note, all the messages on this mailing list were posted on the website and sometime I post your reply to my mailing list. Recently, John Maynard kindly sent me a picture of Mino in 2000. I am pretty sure that most of you remember this big smile.


Yuki Hokari

>> 2011.1.10

親愛なる皆様


あけましておめでとうございます。

14年前の今日、1月10日に、保苅実は、どんなふうに自己紹介しようか、自分の英語が通じるかどうかを不安に思いながら、期待に胸を膨らませて、ダグラグに初めて到着しました。そして、1月15日に彼のリサーチのテーマだけでなく人生を変える存在となったジミーじいさんに出会います。保苅実が亡くなった年に3歳だった息子が、1月15日に10歳の誕生日を迎えます。そして、今年の春、ついに保苅実の著書”Gurindji Journey: A Japanese historian in the outback”が出版されます。2011年が、どれほど意義ある素晴らしい一年となるでしょうか。

私は、今、”Gurindji Joureny”の校正作業をしています。この原稿を何度読んだか覚えていませんが、読むたびに泣いたことは覚えています。今回も例外ではありません。彼の文章は生き生きとしていて、ジミーじいさんの隣に座って真剣に耳を傾けている弟の姿が目に浮かびます。彼の論理は明晰で、研究者でない私のような素人でも容易に理解できます。「ラディカル」を既に読まれた皆さんが、この本を手に取る日が待ち遠しいです。保苅実は歴史学者です。

さて、ネット環境の急速な発展と変化により、今では様々な方法で「つながる」ことができる時代となりました。先日Twitterのアカウントを開き、保苅実とつながる会の活動の進行状況と合わせ、彼の思い出をつぶやいていくことにしました。ウェブサイトにTwitterのロゴを加えましたので、どうかフォローをよろしくお願いします。フォローしてくださる方が多ければ多いほど、つながる会の活動状況はより多くの方に届き、保苅実と出会う方が増えていきます。ご協力をお願い申し上げます。

追手門学院大学での保苅実写真展(2010.11.20 –2010.12.3)は、約100名の方を魅了し、無事に終了しました。多くの閲覧者から好意的なコメントをいただき、このMLに参加していただくことになりました。近いうちに、ウェブサイトに各写真展の詳細を記録として残すページを作りたいと思っています。

立教大学での写真展の報告書を、日本オーラルヒストリー学会(JOHA)の舛谷鋭氏よりいただきました。(JOHAニュースレター第19号より抜粋)

* * *

本学会、会員ともゆかりの深いオーラル・ヒストリアン、故保苅実氏の写真展「カントリーに呼ばれて:オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」が大会に併せ、立教大学池袋キャンパスで開催された。

すでに4月29日から6月20日にかけて、北海道網走市の北方民族卙物館で保苅実写真展が開催されていたが、このニュースを聞いた会員からの関東開催有無の問合せが立教での写真展実現のきっかけだった。清水会長から故人の姉の保苅由紀氏に連絡していただき、主催の北海道立北方民族卙物館の学芸員、笹倉いる美氏をご紹介いただいた。保苅由紀氏がアメリカから来日され、開催設備、場所を確認されたのは、2010年前期も終わろうとする7月末だった。経験のない大学教員が、大学備品、施設の範囲で写真展を開催しようという些か無謀な試みにご不安もあったと思うが、快く開催を承諾して下さった。

具体的な設営の面では、その道のプロの笹倉氏に本当にお世話になった。大学施設関係者の協力もあり、「クリック」というアルミパイプ組の簡易掲示版への写真貼付けで開催に漕ぎ着けた。設営はJOHA会員の本学院生を中心に、受付担当学部生などが協力して行ったが、塩ビ面でポスターテープがよく効かず、展示したばかりの写真が落下しそうになるなど、不安もあったが、朝夕テープ面を押さえ直すなど気を配りつつ、学会開催期間を含む一週間の展示を乗り切った。保苅氏を偲ぶDVDもエンドレスで上映したが、清水会長や遺著『ラディカル・オーラル・ヒストリー』の担当編集者の橋本育氏など、DVD_出演者が集う場での開催はリアリティがあった。会期中には新潟のご両親にもお出でいただき、清水会長、酒井理事がご案内した。

一週間におよぶ開催で、受付での記名者127名、無記名の方も併せ200名程度の方々が来場された。保苅氏関連の雑誌(「風の旅人」)も書籍(「ラディカル」)もそれぞれ10冊以上販売できた。かなりの高齢の方から小学生まで、幅広い来場者があり、受付を担当した学部生たちが、様々な来場者との交流を楽しんだのは思わぬ収穫だった。

なお、その後関西でも追手門学院大学で2010年11月20日から12月3日にかけて写真展が開催された。保苅由紀氏、笹倉いる美氏はじめ、ご協力いただいたすべての方々に御礼申し上げたい。何より、故保苅氏の導きでよき場が共有されたことを喜ばしく思う。(舛谷鋭)

* * *

最後に。このMLのメッセージはすべてウェブサイトに、時折いただくお返事とともに掲載しています。最近、John Maynard氏より2000年当時の弟の写真を送っていただきました。多くの皆さんが覚えている笑顔です。


今年もどうかよろしく御願いいたします。皆様にとって、よい一年となりますように。


保苅実とつながる会
保苅由紀

December 01, 2010 [ News ]

>> "Gurindji Journey: A Japanese Historian in the Outback"

Dear Everyone -

Just a few more days left for Mino's photography exhibition at Otemon Gakuin Universtity in Osaka. There was a Didjeridu concert there too. One member of a group called Loop Roots told Ms Takahata, an organizer of the exhibition, that he was trained at Arnhem Land and encouraged by Mino's Japanese book "Radical Oral History: Historical Practice of Indigenous Australians" when he had a hard time there.

Now, I have an exciting news to share with you. The title for Mino's English book will be "Gurindji Journey: A Japanese Historian in the Outback" and everyone is working very hard to publish it by Mino's 7th anniversary from his passing, May 10, 2011. Editing and proofreading are now in process and we are deciding the cover design as well.

Oh gosh...I am in tears again...It has been a long way...Really...

Many thanks to Prof. Ann McGrath, we (Well..should I say Mino?) have received three publishing grants/subsidies from Australian National University Publication Subsidy Committee, the Australian Academy of the Humanities and the ANU's Australian Centre for Indigenous History. I can see how important they think it is of Mino's work.

That's it for now. I will be in touch again before the year end.

Yuki Hokari

November 20, 2010 [ 2010 Photo Exhibition 3 ]

>> 写真展、大阪・追手門学院大学にて開催中。

皆様

11月20日より、大阪・追手門学院大学で、保苅実写真展が始まりました。

「保苅実写真展 カントリーに呼ばれて ~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」

期間: 2010年11月20日(土)~12月3日(金)(日曜・祝日は休館)入場無料
午前9時30分~午後5時まで。(最終日は午後4時30分まで)
会場: 追手門学院大学 将軍山会館 
住所 〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1-15 
主催: 追手門学院大学附属図書館
後援: オーストラリア大使館、豪日交流基金、茨木市、茨木市教育委員会
協力: 保苅実とつながる会、北海道立北方民族博物館、追手門学院大学オーストラリア研究所
連絡先電話:追手門学院大学附属図書館 オーストラリア・ライブラリー 072-641-7746 

附属図書館の高畑悦子様より、初日に大変嬉しいメールをいただきました。

*****

写真展が始まりました。今日は学内でディデュリドゥ演奏のイベントがあり、大勢の観客がありました。3組の出演者の演奏、パフォーマンスで、最初に演奏をした大阪のディデュリドゥ演奏のグループ・Loop Rootsのメンバーが休憩に出てこられたので、アボリジニのコミュニティの写真展をしてますとお声をかけたところ、保苅実さんのことをご存知でした。

アーネムランドへ行かれたそうで、修行中つらいとき、『ラディカル』を読んで「やっぱりがんばろう」と励まされていたそうです。また、お姉さまからいただいたメッセージも展示してますと伝えたところ「ぜったいいきます」とおっしゃってくださいました。終演後、私は所用のためご案内することはできなかったのですが、うれしい言葉が聴けたのでお伝えしたいと思いました。

今日は晴天で、きれいな青空でした。期間中、空の上から見守っていていただきたいです。

*****

写真展では、図録の見本を置きますので、手にとって、内容を確認した上で、注文していただくことができます。

いずれ、ウェブサイトに各地での写真展の詳細や様子をまとめたページを作る予定です。


保苅実とつながる会
保苅由紀

November 01, 2010 [ Mailing List ]

>> 2010.11.1

Dear Everyone -

The second biggest (after Christmas) event in the US, Halloween was over! Now, we are heading to Thanksgiving in late this month and Christmas in December, then we will see 2011 coming before we know it. I have a few news again this time.


1. I am pleased to announce that the Mino's photography exhibition will be held in Osaka, Japan from 2010.11.20 till 2010.12.3. It will be at Otemon Gakuin University where the Australia Library was opened with a collection of 15,000 references donated by the Australia-Japan Foundation in 2007. Mino often visited the original location of the collection at the Australia-Japan Foundation. Also, the Center for Australian Studies at this university serves as the only permanent institution in Japan solely dedicated to Australian studies. The purpose of the Center is to promote research on Australia and its neighboring countries and to contribute to cultural exchange and mutual understanding between Australia and Japan.


2. Ms Pamela McGrath, the 2008 ANU's Minoru Hokari Memorial Scholarship winner just submitted her PhD thesis on Friday. Its title is "Hard Looking: a historical ethnography of photographic encounters with Aboriginal families in the Ngaanyatjarra Lands, Western Australia"

Pamela wrote to Prof. Ann McGrath.."Thanks again to you and your team and the Hokari family for supporting my research in its early stages – it made all the difference."

I am so grateful to hear this news and share this with all of you who support the fund in various ways. Thank you very much.


3. Mino's photography catalogues have been selling well. We have now 120 copies left. I also appreciate your comment on the catalogue once you receive it. I will post it on the website to share. Please refer this page about how to order a copy.

I again want to let you know that all the profit from the sale will be donated to the ANU Minoru Hokari Memorial Scholarship Fund. I will not make any money for myself or the newly created organization "Being Connected with HOKARI MINORU" that would handle Mino-related activities and events.

We believe that any form of Mino's work should be returned to the Gurindji and the Australian Aborigines. Please support the fund by purchasing this catalogue, which includes the beautiful pictures that Mino took while he stayed with the Gurindji people as well as Mino's writings from his 2004 Japanese book, "Radical Oral History" as well as his series of essay that was published in 2003.

We have sent one copy to Daguragu, addressed to one of Mino's main teachers, Billy Bunter.


That's it for now. I do appreciate our connection that Mino created. Thank you all.


Yuki Hokari
Being Connected with HOKARI MINORU

>> 「保苅実写真展」追手門学院大学にて開催決定

親愛なる皆様

アメリカではクリスマスの次に大きなイベントだといわれるHalloweenが終わりました。あとは11月に感謝祭、12月にクリスマスと、あっという間に年の瀬を迎えます。さて、いくつかお知らせがあります。


1.保苅実写真展が、追手門学院大学(大阪府茨木市)でも、開催されることとなりました。詳細は、以下のとおりです。

「保苅実写真展 カントリーに呼ばれて ~オーストラリア・アボリジニとラディカル・オーラル・ヒストリー」

期間: 2010年11月20日(土)~12月3日(金)(日曜・祝日は休館)入場無料
午前9時30分~午後5時まで。(最終日は午後4時30分まで)
会場: 追手門学院大学 将軍山会館 
住所 〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1-15 

主催: 追手門学院大学附属図書館
後援: オーストラリア大使館、豪日交流基金、茨木市、茨木市教育委員会
協力: 保苅実とつながる会、北海道立北方民族博物館、追手門学院大学オーストラリア研究所

連絡先電話:追手門学院大学附属図書館 オーストラリア・ライブラリー 072-641-7746 

大学へのアクセス
スクールバス(緑風観光 はとバス)を運行しています。ご利用ください。
JR茨木スクールバスのりば
JR茨木駅下車 マイカル茨木北側
阪急茨木スクールバスのりば
阪急茨木市駅下車 西口ロータリー


2.立教大学で開催された保苅実写真展の展示報告を、舛谷鋭様よりいただきました。

「立教大学池袋キャンパスでの保苅実写真展ですが、おかげさまで昨日を以て無事終了致しました。様々なサポートありがとうございました。この方面では全く素人でしたので、お力添えいただいてもなお拙い面もあったかと思いますが、結局受付での記名者127名、無記名の方々も併せ200名程度の方々が来場されました。雑誌(「風の旅人」)も書籍(「ラディカル」)もそれぞれ10冊以上販売できました。かなりの高齢の方から小学生まで、幅広い来場者がございました。」


3.オーストラリア国立大学・保苅実記念奨学金受賞者のその後

2008年に奨学金を受賞したPamela McGrathさんが、金曜日に無事博士論文を提出したそうです。受賞当時にお知らせした内容は、以下のとおり。

「ANU奨学金の2008年の受賞者は、ANUの博士課程二年目のPamela McGrathさんに決まりました。プロジェクトの内容は、1950年代の西部オーストラリアのNgaanyatjarraの人々を撮影した映画を、re-documentationするというものです。その独創性と、歴史・文化人類学・映画を橋渡しするクロスカルチュラルな取り組みが評価されました。」

提出された博士論文のタイトルは

"Hard Looking: a historical ethnography of photographic encounters with Aboriginal families in the Ngaanyatjarra Lands, Western Australia"

リサーチの初期段階で、この奨学金を受けられたことが、大きな助けになり、大変感謝しています、というメールを、Prof. Ann McGrath経由でいただきました。基金への寄付にご協力いただいた皆様と、このお知らせを共有できることを大変幸せに思います。


4.図録販売、その後

現在の残部は、愛蔵版が8冊、通常版が120冊です。既に購入されてお受け取りになられた方の感想を、こちらで紹介しています。

繰り返しますが、図録販売による利益はすべてオーストラリア国立大学・保苅実記念奨学基金に寄付します。保苅実の研究は、さまざまな形でグリンジの人々をはじめとするアボリジニの人々に返還すべきものと考えています。

先日、ダグラグにいる、保苅実の恩師の一人であるBilly Bunter宛てに一部送りましたこと、ここに報告します。


改めて、皆様との出会いに感謝し、お礼申し上げます。


保苅実とつながる会
保苅由紀