>> 2018.12.29 » | Top | >> 2019.7.8 »



>> 2019.7.8 [ Mailing List ]

みいちゃん、48歳の誕生日おめでとう。さて、良いニュースと悪いニュースとどっちを先に聞きたい?そうなのよ、今回は悪いニュースがあるの。それでなかなかこのメールが書けなかった。

うーん。悪いニュースからにするわ。お先真っ暗な悪いニュースじゃなくて、希望があるから。

お父さんが脳梗塞になりました。ゴルフに出かけた翌日、右足に力が入らなくて、でも右膝に問題があるからその関係だろうと整形外科に行くというその話し方がおかしいと、お母さんが気づいてすぐに医者へ連れて行ったら、脳梗塞ですね、ということで、即入院。

最初の一週間がひどかった。後遺症がどれくらい残るのかわからない。でもパパはとても冷静に、予定してあったゴルフや旅行の予定をキャンセルする指示をして。ママは食欲が全くなくなったけれど、良い友達が何人かいて、電話をくれて食事に連れ出してくれたそうです。パパのそばなら食べられるからと、ランチを病院に持っていくと聞いてホッとしました。

パパね、看護婦さん達に大人気でね。ほら「ありがとう」とか「すみません」が自然に出てくる人でしょう?それで「保苅さん、今日もまた知的でハンサムねぇ」なんて言われてるらしい。ほら、数ヶ月前にパパ、83歳で念願のエージシュートを達成したでしょう。だから、またゴルフができるようになるのかっていうのが誰の頭にも引っかかっててね。主治医に聞いたら「できるようになりますよ。リハビリ頑張ってくださいね」って言われたんだって!そこらの83歳じゃないからね、パパは。薬も一切飲んでない。だから治療の薬がよく効いてリハビリも前向きに頑張って絶対によくなる、って私は最初から思ってた。

2週間の入院の後はリハビリ専門病院に転院するはずだったのに、その手続きが遅れて、ママが怒り狂ったらしいけど空きがないと言われてはどうしようもなくて、明日やっと転院です。運動していた人はリハビリの効果も大きいとのことで、もうかなり回復したようだけれど、ゴルフがまたできるようになるまで、みいちゃんどうかパパを見守ってあげてね。

6月に香ちゃんが中学を、海ちゃんが高校を卒業しました。6月いっぱいはお祝いモードが続いたので、ジョンと私は子供達にはじじちゃんの話を控えていたの。そしたら、卒業式が終わったら突然海ちゃんが、大学に行ってインターンシップで忙しくなる前に日本のじじちゃんとばばちゃんに会いたいって言い出したんだよ。何か感じたのかな、潜在意識の中で、って思った。ジョンのお母さんが、いつでも手伝いにくるから会いに行ってらっしゃい、って言ってくれて、8月に海ちゃんと二人で日本に行くことにしました。

ちなみに、来年の春にはまた日本に行くことをすでに決めています。春休みにイタリアへ家族旅行に行って、子供達が成長してとても楽しい旅行になったのだけれど、やはり食べ物は日本がイチバンと思ったのだ。私の滞在中、4月18-19日の週末に新潟で写真展を開くことになりました。「ラディカル」の文庫本から入った印税でこの費用をまかないます。展示作業は、北海道から笹倉さんが飛んできてくださるとのことですから、大船に乗った気分です。なんとか文庫化のお祝いのような集まりも同時に計画できたらいいなぁと思っています。

最近、歴史やオーストラリアとは全く違う分野(詩人、映画監督、法律家)に関わる方達から、「ラディカル」に影響を受けました、本を出したので、この世で保苅実さんにいちばん近い由紀さんにお贈りしたいので受け取ってください、とメールをいただくようになりました。あなたにとってこんなに嬉しいことがあるでしょうか。そして、そのおかげでいただいた本を読みながら私の知識も広がります。素晴らしいことですね。

最後に。誕生日プレゼントがあります。笹倉さんの提案で「ラディカル」の軌跡を寄稿を含めた文集にまとめました。「ラディカル」があなたの代わりに大勢の人々に出会った記録です。(希望者の方は発送先の住所と共に、このメールに返信していただければ、発送準備が出来次第お送りします。)

誕生日おめでとう。あなたが、私の弟に生まれてくれたことに感謝しながら、今日1日過ごします。

由紀